かんぴょうの検索結果1ページ
かんぴょうに一致する投稿を秀逸順に表示しています。
スポンサードリンク
栃木県に所在するテレビ局である「とちぎテレビ」が、自局で放送するアニメや栃木県そのものを宣伝する為に制作したキャラクター。
3人組のアイドルで、それぞれイチゴ、宇都宮餃子、かんぴょうをPRしている。キャラクターデザインは栃木県在住の漫画家・一葵さやか氏。
とちぎテレビ公式サイトにて毎月1日にボイスコミックが公開されており、2017年11月15日に単行本が発売された(「ススメ!栃木部」第3巻と同時発売)。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
栃木県下野市が知名度向上などを目的に制作しているアニメ作品。平成30年1月10日(かんぴょうの日)に「とちぎテレビ」で放送予定の他、下野市観光協会にて
BDが限定販売されるという。物語は、大宝律令制定などで活躍した歴史上の人物・下野古麻呂が現代の下野市に現れ、とちテレのご当地アイドルキャラクター
「まろに☆えーる」と共に人探しをする内容だという。まろに☆えーるの一員である「瓜田瑠璃」は下野市の観光大使に任命されている。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
栃木県南部に位置する市。人口は2017年現在で約16万7千人で、宇都宮市(約52万人)に次ぐ県内2位の人口を有する。東北新幹線、宇都宮線、両毛線、
水戸線が通じる結節点で、これからも人口増加が予想されている都市である。経済面では商業、製造業、農業のいずれの分野でも県内上位である。日本有数のハトムギ
の産地である他、かんぴょう、繭、落花生でも県内上位である。製造業分野では機械や金属関連の工場が多い。商業施設も充実している。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
栃木県南部に位置する市。人口は2017年時点で約6万人。市の名前は栃木県の旧律令国名「下野(しもつけ)」に由来する。
農業では、かんぴょうの生産量日本一を誇る。他にはウコン、ほうれん草、玉ねぎ等を生産。工業面では、ソニー、アサヒビール、丸大ハム等の工場が集積する。
「道の駅しもつけ」は全国5位の売り上げを記録した事がある。市のPRの為に2018年1月にご当地アニメ「サクラノチカイ」を放送・BD販売する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
領域の大部分が関東平野に位置し、開けた地形の場所が多い。県都・宇都宮市を擁し、他にも小山市、足利市、佐野市、鹿沼市、栃木市など比較的大きめの街が多い。
主な観光地は宇都宮の大谷資料館や、小江戸と称される栃木市の蔵の街並み、ツインリンクもてぎ等。農業・工業・商業いずれも盛ん。
宇都宮餃子、佐野ラーメン、とちおとめ、かんぴょう、益子焼、鹿沼土など栃木県を代表する名産品の産地が多く立地する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県下野市に所在し、かんぴょうの共同販売などの事業を行う協同組合。全国生産量の98%を占める栃木県産かんぴょうをPRしている。
同協会の公式サイトには、かんぴょうを使った料理のレシピが多数掲載されている。栃木県の食や農業に関するイベントなどにも協力している。
とちぎテレビのかんぴょうにちなんだご当地キャラクターである「瓜田瑠梨」(まろに☆え~る)と連携している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
スミレ目ウリ科の植物ユウガオの果実を薄く紐状に削って天日干しした乾燥野菜。水で戻して寿司の具材や煮物、おでんの餅巾着などに使用する。
干瓢(かんぴょう)の料理法は、精進料理などと共に鎌倉時代に日本に伝来したと言われている。
かつては関西地方が栽培の中心であったが、20世紀以降は関東地方の栃木県が全国生産量の約9割を占めている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
毎年1月10日。干瓢(かんぴょう)の「干」の字が「一」と「十」から成り立っている事に由来。
日本国内のかんぴょう生産量の98%を占める栃木県が制定した記念日である。
栃木県の関東ローム層はかんぴょうの素になるユウガオの生育に適した土壌である為、かんぴょう生産量が多いとされる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
スポンサードリンク
かんぴょうに一致するリクエスト用語
トップユーザー
327204pt
23676pt
16190pt
15039pt
14597pt
10983pt
10443pt
10141pt
10118pt
Ba
9396pt
m
8531pt