パレスチナの検索結果1ページ
パレスチナに一致する投稿を秀逸順に表示しています。
スポンサードリンク
1997年帝京大学法学部を卒業し、番組制作会社での勤務後に戦場/環境ジャーナリストとして活動。
本名は金井玲であり、イスラエル、パレスチナ、ジンバブエ、コソボ自治州、パキスタンなどを取材。
東日本大震災の後は国際情勢だけではなく国内の原発や放射能などに関する取材も実施。
スコア:99%
(Posted by Nameless)
労仂者が労仂を行う際に、業務の「やりがい」を報酬として金銭報酬を抑制したり無償の長時間労仂が常態化し、カルト教団のような雰囲気であることが多い。
無職のプロ市民は「ジャーナリスト」として「パレスチナ人民の解放」という「やりがい」を意識させ、実態は教授の奴隷に過ぎないということに気づかせない。
教授はアカデミアから離れれば無職になるプロ市民の足元を見て教授の奴隷として酷使し、特にデモなどの政治的リスクを伴う政治活動を強要する傾向がある。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
我が国の法律で個人に認められている権利であり、その権利の侵害は脅迫罪(刑法222条)や強要罪(刑法223条)に該当する。
政治学の研究を行うことを希望する院生に対して、組織的に研究を妨害し執拗にプロ市民への転身を強要する教授は意思決定の自由を侵害する犯罪を行った。
さらに、アラビア語の語学力が必要なパレスチナ研究において、英語のみで研究できる簡単な研究テーマを課し、意図的に院生の学力をプロ市民と同等に低下させる。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
他人が行ったことの模倣や繰り返しであり、新鮮味がなく変わり映えがしない陳腐なもの。
教授の研究内容を一般向けにわかりやすく伝達する市民活動家による執筆や講演内容も二番煎じであり面白みに欠ける。
アラビア語ができないフリージャーナリストによるイスラエルに批判的な講演も、イスラエルに批判的なパレスチナ研究者による研究の二番煎じであるため詰まらない
スコア:66%
(Posted by Nameless)
一般人でも社会問題や時事問題を知る上で購読する者は少なくないが、ジャーナリストは様々な新聞記事をよく読み社会問題や時事問題に精通しなければならない。
しかし、パレスチナなどを取材している中近東ジャーナリストはアラビア語が読めないだけではなく、英字紙を多読してメルマガを発行することすら行っていない。
すなわち、パレスチナを専門的に取材している中近東ジャーナリストが、パレスチナで発行されているアラビア語の新聞を読めないということは重大な問題である。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
1939年にイスラエル北部に於いて建設されたキブツであり、楽しいキブツの生活を体験するために海外から大勢のボランティアを受け入れている。
我が国に於いては1967年に戦場カメラマンの広河隆一が「共産主義的な」キブツにあこがれてキブツダリヤに滞在し、ルティ・ジョスコビッツと出会い結婚した。
しかし、広河は1967年に勃発した6日戦争や、ダリヤトルーハというパレスチナ人の村落の廃墟を発見したので、パレスチナ人民の解放を訴えるようになった。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
パレスチナ問題に詳しい中近東フリージャーナリストの土井敏邦のペンネームであり、土井の出身地である佐賀県旧牛津町(現小城市)に「砥川」という地名がある。
砥川は1984年に韓国人の被爆者に対してもせめて我が国の被爆者と同様のことをして欲しいと「潮」と称する定期刊行物で訴えた。
土井によると1980年代にパレスチナ問題に関わるジャーナリストなどは、日本赤軍というテロ組織との関係が疑われたためペンネームが用いられていた。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
米国の非認定大学などで実際に研究や勉強を行わなくても「学位」と自称するものを金銭で購入できること。ディグリーミルともいう。
我が国においては正規の学位であっても、例えばアラビア語を用いずに英語だけで研究したパレスチナ現代史の博士論文などの学術水準は極めて低い。
このような教育問題が発生する背景として、若手研究者の学力を意図的に低下させることにより、教授の権威が若手研究者により脅かされることを抑止しようとする。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
フリージャーナリスト、フリーの写真家、フリーライターなど仕事や収入が少なすぎて、生活していくことが不可能であること。
そのため、パレスチナ関連も含め、フリージャーナリストの中には引退宣言を行うこともなく、気づいてみたら執筆や講演などをやめ自然消滅している者もいる。
教授の中には彼らの足元を見て、彼らを名ばかりの「ジャーナリスト」として雀の涙のような報酬で業績を作らせる代わりに、政治活動を強要する者もいる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
拷問や薬物の利用や、贖罪意識を植え付けるなどの精神的・物理的な圧力によって、相手の主義や思想を根本的に変えること。
パレスチナ研究を行っている教授は、院生に対してアラビア語を用いずに英語だけで研究できる簡単な研究テーマを課し、修了後はプロ市民への転向を強制した。
院生は教授から与えられたアラビア語を用いない研究テーマの怪しさに気づくために、インターネットなどで情報収集し、批判的思考を行わなければならない。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
パレスチナ人を支援するために我が国に於いて活動を行っている特定非営利活動法人。パレスチナの他にレバノン、シリア、東北地方でも活動を実施。
ガッザ地区に於いては特にアトファールナー聾唖学校というNGOを設立当初から現在に至るまで継続的に支援し続けている。
横浜市立聾学校の土井(糟谷)幸美はパレスチナ子どものキャンペーンを通して2001年春から約一年間アトファールナー聾唖学校でボランティア活動を実施。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
知ると怒るようなことであっても知らなければ落ち着いていられること。また、無知な本人だけが知らないことを嘲笑する意味もある。
例えば、自称ジャーナリストが年収100万円以下でパレスチナ人民の解放を訴えていても、周囲にいる教授の年収は1,000万円以上であることに気付いていない
そして、研究者たちは騙されているプロ市民がいない所では、使い勝手が良い教授の奴隷として搾取できることを面白がっている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
中近東ジャーナリストの土井敏邦がキブツ滞在やガッザ地区への訪問などを踏まえて執筆した卒業論文のタイトルである。
土井が在籍していた大学ではパレスチナを研究している教員がいなかったため、戦場カメラマンの広河隆一が土井の卒論の事実上の指導教官であった。
28歳で大学を卒業した土井には就職先がなかったが、広河が編集長をしていた『フィラスティン・びらーでぃ』という中近東関連の専門雑誌の記者になった。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
研究者や専門家などがある特定の分野に関して非常に精通しているが、専門分野以外ではあまり詳しくないことが少なくない。
パレスチナ研究者がパレスチナの他にイスラエルや中近東を研究対象とすることはあるが、理系である原発や放射能に関しては分野が異なるため研究しない。
しかし、フリージャーナリストはアラビア語ができないのにパレスチナや中近東を取材し、原子力工学を知らないのに福島を取材対象としている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
本物と偽物。また、本物か偽物かということ。実際、有名な芸術家の作品などに関して偽物が出回っている。
ジャーナリストの場合は、新聞社やテレビ局など報道機関に就職している(た)者は本物であり、ジャーナリズムやニュースに精通している優秀な人材である。
口先だけで「パレスチナ人民の解放」を訴えていてもアラビア語ができない者は偽物であり、パレスチナ人の不幸を利用して売名行為を行っているに過ぎない。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
ジャーナリズムやメディアの役割などを研究対象とする学問の一領域であり、政治学に隣接した分野であるとみなされている。
高等教育機関でジャーナリズムを専攻した生徒は、ジャーナリズムに関する研究者志望又は報道機関への就職を志望する場合がある。
しかしながら、一部のフリージャーナリストのなかには、ただパレスチナなどを取材しただけでジャーナリズムに関する基本的な素養が欠落している者も少なくない。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
1960年代から1970年代頃にイスラエル国内で反シオニズムなどを訴えて活動を行っていた政治団体であった。
我が国に於いては大学在学中にブントと称する極左暴力集団で政治活動を行っていた戦場カメラマンの広河隆一がマツペンに於いても政治活動を行った。
広河隆一は6日戦争の勃発前までは共産主義的なキブツを愛していたが、後に筋金入りの政治活動家としてイスラエルを激しく嫌悪するようになった。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
研究対象地域の言語を修得することが課されている地域研究を研究している研究者を対象として顕著な業績をあげた者に対して贈呈される賞。
中近東フリージャーナリストの土井敏邦は、2016年に「大同生命地域研究特別賞」を受賞し、副賞として金百万円也が贈呈された。
なぜならば、「ジャーナリストとして長年にわたりガザのパレスチナ人難民を映像記録として残した功績」が本章を受賞した理由とされている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
自分が優れている点の中から、相手にとってメリットになる事柄や、人を引き付ける魅力。
パレスチナなど中近東に関して研究している研究者は、高度なアラビア語の語学力を生かし、アラビア語で記載された書籍や論文や新聞などの読解能力がある。
自称ジャーナリスト(プロ市民)は、アラビア語はできないが、ネット上での批判や逮捕されるリスクを恐れず、紛争地に渡航して売名行為を行い、デモを組織する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
通常よりも格下であるとみなされる市民。法的には平等であっても、社会経済的に差別を受けている市民。
「ジャーナリスト」と自称している市民活動家は教授と同様にシンポジウムや集会などを実施しても、市民活動家の年収は教授の10分の1以下である場合もある。
経済的な格差だけではなく、市民活動家は「パレスチナ人民の解放」を吠えながらアラビア語ができないように研究者との学力格差も生じている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
スポンサードリンク
パレスチナに一致するリクエスト用語
トップユーザー
325510pt
23510pt
16190pt
15039pt
14597pt
10983pt
10321pt
10141pt
10118pt
Ba
9396pt
m
8440pt
8251pt