ミステリの検索結果1ページ
ミステリに一致する投稿を秀逸順に表示しています。
スポンサードリンク
正式名称は「エアミステリ研究会」 (http://www37.atwiki.jp/airmysken-wiki/)
ツイッター上で自然発生したミステリファンの集まりである。入会の際に「入会宣言」を行うのが慣習となっている
不定期に読書会・同人誌の発行・オフ会などを実施している
スコア:83%
(Posted by Nameless)
沖縄県南城市生まれ。現役の内科医であり兼業作家である
2011年、『誰がための刃 レゾンデートル』で第4回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞してデビュー。
Twitterでは医療系のトリビアをつぶやいており、毎日見ているとためになるアカウントとして、4万人以上にフォローされている。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
三重県出身の新本格ミステリー作家。綾辻行人・法月綸太郎・島田荘司の推薦をうけ、1991年『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』でデビュー。
2011年に『隻眼の少女』で第64回日本推理作家協会賞・第11回本格ミステリ大賞をダブル受賞。
いわゆる「問題作」を一貫して書き続けておりマニアックかつカルト的な支持を得ている。
スコア:83%
(Posted by Nameless)
2005年5月に東京創元社ミステリ・フロンティアから刊行された東川篤哉の本格ミステリ・ユーモアミステリ小説である
東川作品には珍しいクローズドサークルものである
天才建築家・十文字和臣の死から半年、未亡人の意向により再び事件関係者が集められたとき、新たに連続殺人が勃発する…。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
日本国内における推理小説の分類の一つで、「おバカなミステリー」、もしくは「バカバカしいミステリー」の略語である
ただし、小説作品を誹謗中傷するような意味合いの、「馬鹿な」ではなく、「そんなバカな!!」のような、感嘆、賛嘆などの意味を込めたものなどと解釈される
この系統にはリアリズムの議論は意味をなさず、むしろそれらを犠牲にしてでもミステリのゲームとしての意外性・娯楽性を過剰に追及した物が非常に多い
スコア:66%
(Posted by Nameless)
東川篤哉著作の学園ユーモアミステリ「鯉ヶ窪学園探偵部シリーズ」の番外編(3作目)
2011年2月に実業之日本社から刊行された連作短編集。探偵部副部長・霧ヶ峰涼を主人公とする。
2012年4月にTBS系ドラマNEO枠でテレビドラマ化された。(川口春奈・速水もこみち主演)
スコア:75%
(Posted by Nameless)
本格推理小説において、探偵の助手。語り手となる場合が多い
事件の内容を読者に説明する役割上、推理能力は読者と同等かそれ以下に設定される
由来はコナン・ドイル著「シャーロック・ホームズ」シリーズのジョン・ワトソン博士から。 例:石岡和己(御手洗潔シリーズ)
スコア:75%
(Posted by Nameless)
東川篤哉のユーモア本格ミステリーのシリーズ作品である。3作まで出ており第1作は第8回本屋大賞受賞
安楽椅子探偵の体裁をとったパズラー形式となっており、ミステリーを読み慣れていない人向けに書かれた経緯がある。
櫻井翔・北川景子主演でドラマ・映画化された。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
2009年10月に角川書店から刊行された綾辻行人のホラー・ミステリー小説
アニメ化・実写映画化がなされ、ファンの間から「Anotherなら死んでた」という言葉も生まれた
2013年7月に続編『Another エピソードS』が刊行
スコア:75%
(Posted by Nameless)
2007年、中学に入る前(小学6年の春休み)、川口春奈の友達とその母親が『ニコラ』のオーディションに川口春奈の履歴書を送った。
グランプリを獲得し、研音の子供部門「けんおん。」に所属。同年9月1日発売のニコラ2007年10月号でモデルデビュー。愛称は「ハルル」。
長崎県五島列島の福江島生まれ。家族構成は、両親と歳の離れた姉2人。
スコア:66%
(Posted by nana
草野仁が司会の『日立 世界ふしぎ発見!(TBS)』に登場するリポーター。
様々な国・地域の景色や文化をリポートする為に、世界中を飛び回る。また、現地からクイズを出題する。
番組予算で海外に行けるうえに、遺跡に潜入できたり美味しいグルメを堪能できたりするため、人気の高い職業のひとつである。竹内海南江や中田あすみ等。
スコア:75%
(Posted by yupi
「十角館の殺人」でデビューした新本格派ミステリー作家。代表作は館シリーズ・囁きシリーズなど。
「時計館の殺人」で日本推理作家協会賞を受賞。「Another」はアニメ・実写映画化された。
作品の多くに見られる大きな特徴としては、ストーリーの構図をどんでん返しによって転換させるようなパズラー的ストーリー構成である。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
何らかの事情で外界との往来が断たれた状況、あるいはそうした状況下でおこる事件を扱った作品
「吹雪の山荘もの」・「嵐の孤島もの」とも呼ばれ、災害にあった孤島・雪山などの「広義の密室」を舞台にした作品の場合を指すことが多い
登場人物・連絡手段・交通手段・犯行時間などがこれにより限定される
スコア:66%
(Posted by Nameless)
東京出身の推理作家。アンソロジーの編纂や、新人の育成などにも力を尽くした。
アリバイ崩しを得意とし、『ペトロフ事件』『黒いトランク』など、鬼貫警部を探偵役とする本格推理小説を発表した
2001年に第1回本格ミステリ大賞特別賞を受賞。また没後、第6回日本ミステリー文学大賞を贈られた。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
岐阜県出身のミステリー作家。「日常の謎」ミステリーを主に書いている。ファン内での主な愛称は「よねぽ」
2001年、『氷菓』で第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞してデビュー。
代表作は「〈古典部〉シリーズ」・「〈小市民〉シリーズ」など
スコア:66%
(Posted by Nameless)
現場不在証明。被疑者・被告人が犯行に関わっていないことを推認させる間接事実の一つ
推理小説においてはその偽装工作が見せ場となっており、各々の作家がアイデアを凝らしている
アリバイもので著名な推理作家としてはF・W・クロフツ、鮎川哲也、松本清張らがいる
スコア:75%
(Posted by Nameless)
麻耶雄嵩の創造した名探偵。代表作「翼ある闇」「夏と冬の奏鳴曲」「メルカトルかく語りき」
モラルというものを取り除き、メタな視点を取り入れることで、探偵とは何か、推理小説とは何か、を問い続けている
登場する作品群はマニア向けの、問題作ばかり
スコア:66%
(Posted by 真門
あるものに見立てて事件が装飾された殺人のこと。見立てる対象によって「童謡殺人」「筋書き殺人」などとも呼ばれる
推理小説(ミステリー作品)における見立て殺人の目的は、読者に異様な不気味さを与えるというものである
犯人の理由は様々であり、基本的には先入観を与える事で探偵役及び読者を欺くことにあるが、異常な心理が主因となる事もある
スコア:66%
(Posted by Nameless)
東川篤哉のミステリ小説のシリーズである。
国分寺市にある架空の私立高校「鯉ヶ窪学園」を舞台とした学園ユーモアミステリである。
番外編である「放課後はミステリーとともに」が2012年4月にTBS系でドラマ化された。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
東川篤哉のミステリ小説のシリーズである。
「千葉の東・神奈川の西」にある架空の地方都市「烏賊川市」を舞台としたユーモア本格ミステリである。
既刊は7冊(長編5冊・短編集2冊)で光文社から刊行されている。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
スポンサードリンク
ミステリに一致するリクエスト用語
トップユーザー
327840pt
23676pt
16190pt
15039pt
14807pt
12431pt
10983pt
10443pt
10141pt
Ba
9396pt
m
8531pt