小売店の検索結果1ページ
小売店に一致する投稿を秀逸順に表示しています。
スポンサードリンク
栃木県小山市にあるショッピングセンター。平成19(2007)年3月29日開業。「小山ゆうえんち」の跡地に建設された。
食品スーパーの「ヨークベニマル」を中核に、ケーズデンキ、サンドラッグ、スーパービバホーム、スポーツデポ、ニトリ、シネマハーヴェストウォーク、
その他専門店など69の店で構成される。ランドマークとして小山ゆうえんちから受け継いだメリーゴーランドが設置されている。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
小売店の一種。デパートとも言う。経済産業省の定義では「衣・食・住の商品群の販売額がいずれも10%以上70%未満の範囲内にあると同時に、従業者が常時50
人以上おり、かつ売り場面積の50%以上において対面販売を行う業態」。品揃えが同等でも対面販売の割合が低い店舗は総合量販店(総合スーパー)に分類される。
1852年にフランス・パリに開業した百貨店が世界初とされる。日本では1904年の三越呉服店(現・株式会社三越伊勢丹)が最初であるとされる。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
北海道を地盤とするコンビニ(茨城県と埼玉県にも出店)。商品の製造段階から関与し、高品質で幅広いプライベートブランド商品を安く提供している。
北海道内のコンビニとしては最多の店舗数を誇り、その8割で「ホットシェフ」(弁当の店内調理)を扱う。酒屋が源流である為ワインの品ぞろえが充実している。
あえて大手がやっている事をやらず、独自のサービスを展開して差別化。大手を抑えて顧客満足度全国1位に輝いた事が複数回ある。シンボルマークは不死鳥。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
株式会社チヨダが運営していた玩具店(おもちゃ屋)。1985年から展開され、全盛期には全国に500店舗近くを展開したが、末期には不採算事業となり、
2008年7月に撤退した。運営会社が同じである為、東京靴流通センターの隣に出店されている例も多かった。建物に描かれていたキャラは「マックライオン」。
店舗は西洋の城をイメージした独特の形状の屋根を備えており、閉店後他社店舗に転換されても、元ハローマックであった事が分かる場合が多い。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県北部に位置する市。人口は2017年時点で約3万3千人。JR宇都宮線で県都宇都宮まで約30分の距離。主な道路網は国道4号線や東北自動車道。
かつては塩谷郡(概ね現在の日光市、那須塩原市、塩谷町、さくら市等に相当する地域)の中心として栄えた。その後も交通の要衝としての立ち位置にある。
シャープの企業城下町。中心商店街は空洞化し大型小売店が集積。名物は日本酒の「十一政宗」「忠愛」、完熟リンゴジュースなど。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
岐阜県多治見市に本社を置き、スーパーマーケットを展開する企業。中部地方を中心に238店舗を展開(2016年10月7日現在)。
日本のスーパーの中では最も販売管理費比率が低い事で知られているという。プライベートブランド(PB)商品の開発・販売を積極的に行っている。
1958年に「株式会社主婦の店」として創業。2000年代に入ると複数の企業を子会社化して勢力を拡大。2015年に持株会社体制に移行。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
株式会社オリンピックグループは、関東で小売店の「Olympic」を運営するオリンピックグループの持株会社である。
食品、日用品、レジャー用品などを幅広く備えた「総合ディスカウント」(旧・ハイパーマーケット)、食品中心の「スーパーマーケット」、食品以外の生活用品を
幅広く扱う「ディスカウントストア」(旧・ハイパーストア)などの業態の他、ホームセンターや靴、ペット分野など複数の専門店を経営する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県を中心にホームセンターなどを展開している会社。社名は創業者が茨城県で起業していた会社「関東石油販売」に由来する。
ホームセンターの他に、「WILD-1」(アウトドア用品店)、「wild-barn」(レストラン)、「住マイル応援隊」(リフォーム事業)を運営し、
さらにフランチャイジーとして栃木県内の「業務スーパー」と、「オフハウス」(ハードオフ社のリサイクルショップ)も展開している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
ベイシアグループの一員で、群馬県伊勢崎市に本社を置く作業服・関連商品専門店。業界では国内最大手の企業である。
国内に約750店舗を展開し、土木現場・工場向け用品専門店の中では日本一の売上高を誇る一方、商品が安い事が特徴である。
主力購買層の勤務時間に合わせた営業時間の設定や、メーカーとの提携によるプライベートブランドの展開などの営業努力により、低価格を実現しているとされる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県宇都宮市に所在する商業施設である。株式会社福田屋百貨店が運営。平成15(2003)年開業。
FKDインターパーク店自体の他に「インターパークショッピングビレッジ」など3施設がある。また、シネコン(映画館)も併設されている。
4施設ともテナントを受け入れており、衣料品などのファッション専門店の割合が高い。北関東最大級の商業施設であるとされ、近隣県からも多くの客が集まる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
株式会社エフシープロイが展開するコンビニ。同社は1982年2月に株式会社マイショップ北関東として設立され、同年10月に第1号店が開店したという。
2001年時点では17店舗存在しており、グーグルマップによれば2017年現在も青森を中心に複数店舗が存在している模様。
同社のフランチャイズシステムは、契約期間を特に定めず、契約解除による違約金も発生しない事が特徴であるとされる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県那須塩原市に本社を置く株式会社ダイユーが運営する食品スーパー。CGCグループに加盟している。
2017年現在、栃木県北部を中心に11店舗を展開している。“よりよいもの、うまいもの毎日お買得”をキャッチフレーズとしている。
昭和10(1935)年に大林魚店として創業し、数度の名称変更や組織改編を経て、昭和53(1978)年に現社名になった。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
イオンリテールが運営する前払い式電子マネー「WAON」の栃木県仕様カード。
全国のどこの店舗でも「とちぎやすらぎWAON」を使用して買い物をすると、利用金額の一部が栃木県文化振興基金に寄付され、栃木県の文化振興に活用される。
カードの表面には栃木県のゆるキャラ「とちまるくん」が、裏面には「県民の歌」の1番の歌詞が書かれている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県の北東部に位置する市。人口は2017年時点で約7万5千人。交通網としてはJR宇都宮線・野崎駅や国道4号線・400号線・461号線等が挙げられる。
県内有数の米どころで苺や梨など果実生産にも注力。大型小売店などの商業施設が集積している。国道4号沿いの野崎地区には工業団地が形成されている。
松尾芭蕉の奥の細道と縁の深い地としても知られる。なかがわ水遊園、那須野ケ原ファーム、那須神社、雲巌寺、日帰り温泉など観光地も多い。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
小売店(総合スーパー)の業態の一つ。衣食住やその他多岐にわたる商品が揃う郊外立地の倉庫型・集中レジ方式の店である。
食品や日用品を中心に衣料、DIY用品、書籍など非常に幅広い商品が、倉庫をそのまま店舗化したようなスペースに陳列され、客は欲しい商品をショッピングカート
に載せて、出口のレジで支払いをする。この点で、それぞれの専門の売り場ごとに決済をする総合スーパー(GMS)とは異なる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
食品や日用品だけでなく衣料、家具、家電など衣食住の全般にわたる幅広い商品をセルフサービス方式で販売する大規模な小売店。
マイカー客向けの大規模な駐車場を備えている場合が多く、建物は複数階になっている事が多い。会計は各売り場ごとに行われる。テナントが入っている事も多い。
対面販売比率が少ない点で百貨店とは異なる。代表例はイトーヨーカドー、イオン、ダイエー、アピタなど。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
食料品を中心に日用品や衣料品などをセルフサービス方式(客が自分で商品を選んでレジに持っていく)で販売する大規模小売商。
大量仕入れによって仕入れ値を引き下げ、セルフサービスで人件費を抑える事で低価格販売を実現する。
狭義には食料品・日用品主体の店(食品スーパー)を指すが、衣料品スーパーや総合スーパーも存在する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
スポンサードリンク
小売店に一致するリクエスト用語
小売店に一致するリクエストが見つかりませんでした。
とりあえず小売店のページを表示します。
トップユーザー
327204pt
23676pt
16190pt
15039pt
14597pt
10983pt
10321pt
10141pt
10118pt
Ba
9396pt
m
8531pt
8251pt