小説家の検索結果1ページ
小説家に一致する投稿を秀逸順に表示しています。
スポンサードリンク
沖縄県南城市生まれ。現役の内科医であり兼業作家である
2011年、『誰がための刃 レゾンデートル』で第4回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞してデビュー。
Twitterでは医療系のトリビアをつぶやいており、毎日見ているとためになるアカウントとして、4万人以上にフォローされている。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
三重県出身の新本格ミステリー作家。綾辻行人・法月綸太郎・島田荘司の推薦をうけ、1991年『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』でデビュー。
2011年に『隻眼の少女』で第64回日本推理作家協会賞・第11回本格ミステリ大賞をダブル受賞。
いわゆる「問題作」を一貫して書き続けておりマニアックかつカルト的な支持を得ている。
スコア:83%
(Posted by Nameless)
「十角館の殺人」でデビューした新本格派ミステリー作家。代表作は館シリーズ・囁きシリーズなど。
「時計館の殺人」で日本推理作家協会賞を受賞。「Another」はアニメ・実写映画化された。
作品の多くに見られる大きな特徴としては、ストーリーの構図をどんでん返しによって転換させるようなパズラー的ストーリー構成である。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
アメリカの推理作家。フレデリック・ダネイとマンフレッド・ベニントン・リーの共同ペンネームである
また、その推理小説に登場する一連の小説の主人公で探偵、推理作家の名前である。
代表作は「ローマ帽子の謎」をはじめとする国名シリーズ、バーナビー・ロス名義で書いたドルリー・レーン四部作がある
スコア:66%
(Posted by Nameless)
東京出身の推理作家。アンソロジーの編纂や、新人の育成などにも力を尽くした。
アリバイ崩しを得意とし、『ペトロフ事件』『黒いトランク』など、鬼貫警部を探偵役とする本格推理小説を発表した
2001年に第1回本格ミステリ大賞特別賞を受賞。また没後、第6回日本ミステリー文学大賞を贈られた。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
岐阜県出身のミステリー作家。「日常の謎」ミステリーを主に書いている。ファン内での主な愛称は「よねぽ」
2001年、『氷菓』で第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞してデビュー。
代表作は「〈古典部〉シリーズ」・「〈小市民〉シリーズ」など
スコア:66%
(Posted by Nameless)
日本の昭和を代表する小説家・劇作家・演出家。本名は岩田 豊雄。1893年~1969年(満76歳没)。文化勲章を受賞している。
横浜生まれ。慶應義塾大学文科予科中退後、フランスに渡り演劇理論を学んだ。その後、岸田國士、久保田万太郎らと文学座を結成(命名)。
ウィットとユーモアに富んだ小説が多い。主な作品に『七時間半』『コーヒーと恋愛』『娘と私』『てんやわんや』等、傑作が多い。
スコア:66%
(Posted by yupi
作家。愛知県出身。作家以になる以前に催眠術師としてテレビに出演した事がある
地の文や登場人物の台詞中に多岐にわたる薀蓄を挿入し、それがその話の核になることが多い
代表作は「万能鑑定士Qシリーズ」、「催眠」、「ミッキーマウスの憂鬱」など
スコア:75%
(Posted by Nameless)
大阪府出身の小説家・ホラー作家。2002年に「フクロウ男」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー
ホラーの中でも、昭和30年代から40年代の下町を舞台とした「ノスタルジックホラー」を得意とし、
そこからいい話・泣ける話に持っていく「白朱川」と、ホラー要素を交えて人の心の仄暗さや残酷さをじわりと描き出す「黒朱川」がいる。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
『サザエさん』の登場人物で、サザエの従兄。苗字は波野。出版社に勤め、磯野家の隣に住む小説家・いささか先生の原稿をよく取りに来る。
太めの体型で、性格は豪快で調子がいい。サザエにですます調で話すところを見ると、サザエより年下なのか?見た目はおっさんぽいが。
家族は妻のタイ子と息子のイクラ。タイ子はサザエと違い控えめに見えるが、妻に頭が上がらないようだ。マスオと仲が良い。
スコア:50%
(Posted by みゅう
小説家。大阪府出身。デビュー作は「放課後」(1985年)。
多くの作品が映像化されている日本を代表する小説家の1人である
『容疑者Xの献身』は第6回本格ミステリ大賞・第134回直木賞等を受賞した氏の代表作である
スコア:66%
(Posted by Nameless)
日本の小説家・推理作家(兼業)。射手座、酉年、血液型はO型。『天帝のはしたなき果実』でデビュー。
東京大学法学部卒。リヨン第三大学法学部第三段階「Droit et Politique de la Sécurité」専攻修士課程修了。
当て字やルビの多用、現代語、文語、外国語の混在した独特の文章が特徴。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
アメリカ・ペンシルベニア州出身の作家。代表作には『ウィスパーズ』などがある
仕事の空き時間を利用して書いたSF小説『スター・クエスト』(1968年)でデビューする
SF小説からホラー、ミステリー、サスペンスなどジャンルミックスした手法で80年代から現在に至るまでベストセラー作家であり続けている
スコア:50%
(Posted by Nameless)
広島県尾道市出身の本格ミステリ作家。KAPPA-ONE一期生。
作中に登場人物のコミカルな会話や野球ネタを盛り込むのが特徴。デビュー作は「密室の鍵貸します」
広島カープのファン
スコア:66%
(Posted by Nameless)
神奈川県横浜市で生まれ、小学生の数年間をブラジルで過ごした帰国子女。
夫は漫画家の和月伸宏。日本推理作家協会会員。
『武装錬金』以降は、和月の漫画作品にストーリー協力として参加し、以降、和月作品を原作とした小説化作品やゲーム脚本なども手掛けている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
小説家・島田荘司の推理小説シリーズの主人公。1948年11月27日生まれ。探偵が趣味の脳科学者の男性。IQは300以上。
親友の石岡和己と一緒に事件を解決する、名探偵。語学に堪能で、地球上のほとんど全ての言語に通じている。コーヒーは飲まず、紅茶派。
北欧在住。現在はスウェーデンのウプサラ大学で教鞭をとりつつ、脳科学の研究を行っているという設定。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
漫画家・イラストレーター。東京都生まれ・新潟県育ち。妻は小説家の黒碕薫。
週刊少年ジャンプにて「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」・「GUN BLAZE WEST」・「武装錬金」を連載していた。
現在はジャンプSQにて「エンバーミング-THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN-」を連載中。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
東京都出身の推理作家。兼業作家。
2008年、短編「砂漠を走る船の道」で第5回ミステリーズ!新人賞(東京創元社主催)を受賞し、受賞作を収録した単行本『叫びと祈り』で書籍デビュー
同作で、「週刊文春ミステリーベスト10」2位、「2011本格ミステリ・ベスト10」2位、「このミステリーがすごい! 2011年版」3位
スコア:50%
(Posted by Nameless)
広島県出身の小説家。2007年、「聖職者」が第29回小説推理新人賞を受賞し小説家デビュー。
「聖職者」から続く連作集『告白』が2009年、第6回本屋大賞を受賞
緻密な構成の支えとして、徹底した登場人物の性格付けを心がけており、「履歴が決まれば人物が動いてくれる」として執筆前にはどんな脇役でも履歴書を作っている
スコア:50%
(Posted by Nameless)
アメリカのモダンホラー小説家
従来の「非現実的な世界を舞台とした、怪奇小説としてのホラー」とは異なる「モダン・ホラー」の開拓者にして第一人者とされる
代表作は『キャリー』・『ミザリー』・『呪われた町』など
スコア:50%
(Posted by Nameless)
スポンサードリンク
小説家に一致するリクエスト用語
トップユーザー
327204pt
23676pt
16190pt
15039pt
14597pt
10983pt
10321pt
10141pt
10118pt
Ba
9396pt
m
8531pt
8251pt