広河隆一の検索結果1ページ
広河隆一に一致する投稿を秀逸順に表示しています。
スポンサードリンク
中東地域研究者の池内恵氏によるパレスチナ人民の解放を訴え続けているにもかかわらずアラビア語ができない戦場カメラマンの広河隆一に対する批判。
池内氏は2018年12月27日に公式のツイッターのアカウントにおいて上述のように的確で鋭いコメントを行った。
そして、池内氏はアラビア語の語学力を向上させるために広河に「近寄っちゃいけない」と指摘している。
スコア:90%
(Posted by Nameless)
労仂基準法に違反し違法なサービス残業やパワハラやセクハラなどが横行している企業。ブラック会社ともいう。
広河隆一が編集長をしていたDAYS JAPAN社は社員に対して月140時間以上に渡るサービス残業が課され、広河によるパワハラや罵声が横行していた。
DAYS JAPAN社が過酷なブラック企業であったことは2019年1月に毎日新聞によって元社員が実名で実態を告白したことにより報道された。
スコア:85%
(Posted by Nameless)
文藝春秋社が原則として毎週発行している週刊誌である。
週刊文春においては戦場カメラマンや自称ジャーナリストなど有名人のスキャンダルなどを報道することがあり「文春砲」と称されている。
2018年12月末から2019年1月末にかけて戦場カメラマンの広河隆一による罪が無い女性に対する性暴力を報道し、市民団体に対して重大な影響力を及ぼした
スコア:87%
(Posted by Nameless)
自分の氏名を「売る」ために行う行動。フリージャーナリストや市民活動家などが自分をより有名にするために意図的に行う行動。
具体的には、広河隆一はマツペンに於ける政治活動、志葉玲はイラク戦争に於ける「人間の盾」、高遠菜穂子はイラク人質事件を引き起こす売名行為を行った。
また、土井敏邦の大学受験の失敗、古居みずえの重病からの回復、増山麗奈の自殺未遂など、一般的にネガティブな事で売名行為を行う活動家もいる。
スコア:80%
(Posted by Nameless)
事業や取引の機会。商機。起業の可能性。すなはち、儲かる機会。
例えば、広河隆一に代表される戦場カメラマンは、中近東など海外で戦争やテロが発生すると、彼らが撮影した写真や動画は注目され高く売れる可能性を秘めている。
しかし、彼らは戦争やテロで儲けている「死の商人」であると思われることを嫌悪する傾向があるため、口先だけでは「反戦」や「平和」を訴えることが多い。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
1939年にイスラエル北部に於いて建設されたキブツであり、楽しいキブツの生活を体験するために海外から大勢のボランティアを受け入れている。
我が国に於いては1967年に戦場カメラマンの広河隆一が「共産主義的な」キブツにあこがれてキブツダリヤに滞在し、ルティ・ジョスコビッツと出会い結婚した。
しかし、広河は1967年に勃発した6日戦争や、ダリヤトルーハというパレスチナ人の村落の廃墟を発見したので、パレスチナ人民の解放を訴えるようになった。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
事件や事故など社会問題を掘り下げた写真やドキュメンタリー写真などが審査の対象となり、副賞として最高で100万円が授与される。
戦場カメラマンの広河隆一は、1982年の第一次レバノン戦争に於けるサブラー・シャティーラー難民キャンプでの虐殺を撮影し、よみうり写真大賞を受賞した。
高遠菜穂子らとイラク人質事件を引き起こしたフリージャーナリストの郡山総一郎は、2001年に「イスラエルの現実」で、よみうり写真大賞奨励賞を受賞した。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
我が国に於いて発行され世界最大の発行部数を誇る新聞であり、ファミリーレストランなどで無償で朝刊を提供する社会貢献活動を行っている。
読売新聞は写真家向けに「よみうり写真大賞」を主催し、戦場カメラマンの広河隆一やイラク人質事件を引き起こした市民活動家の郡山総一郎らが受賞した。
読売新聞は2003年6月19日付の朝刊の39頁で戦場/環境ジャーナリストの志葉玲の本名が金井玲であるということを報道した。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
中近東ジャーナリストの土井敏邦がキブツ滞在やガッザ地区への訪問などを踏まえて執筆した卒業論文のタイトルである。
土井が在籍していた大学ではパレスチナを研究している教員がいなかったため、戦場カメラマンの広河隆一が土井の卒論の事実上の指導教官であった。
28歳で大学を卒業した土井には就職先がなかったが、広河が編集長をしていた『フィラスティン・びらーでぃ』という中近東関連の専門雑誌の記者になった。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
職場においてつながりにくい若手で非正規の労仂者などを対象としているが、職業や雇用形態にかかわらず誰でも加入できる労仂組合。
この労仂組合は渋谷区の代々木に本部があり、連合の構成組織である全国コミュニティ・ユニオン連合会を上部団体としている。
最近では戦場カメラマンの広河隆一による過酷なセクハラやパワハラが「文春砲」などの内部告発により明らかになったので、広河問題専用の問題窓口が開設された。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
1960年代から1970年代頃にイスラエル国内で反シオニズムなどを訴えて活動を行っていた政治団体であった。
我が国に於いては大学在学中にブントと称する極左暴力集団で政治活動を行っていた戦場カメラマンの広河隆一がマツペンに於いても政治活動を行った。
広河隆一は6日戦争の勃発前までは共産主義的なキブツを愛していたが、後に筋金入りの政治活動家としてイスラエルを激しく嫌悪するようになった。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
戦場カメラマンの広河隆一の誕生から現在に至る自伝的なドキュメンタリー映画であり、監督は長谷川三郎である。
この映画は我が国に於ける戦場カメラマンの第一人者である広河の業績をネ申とみなし、広河の政治活動を礼賛するような論調である。
このような広河の自伝的な映画は、広河の死後ではなく広河の存命中に制作されて制作され、広河がよみうり写真大賞など様々な賞を受賞したことも触れられている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本禁煙学会の呼びかけにより、映画監督が映画を制作する際に喫煙者が喫煙しているシーンが含まれていない健全な映画。
広河隆一監督の『パレスチナ1948・NAKBA』という映画では、インタビューに出演していた者が喫煙を行っていた。
土井敏邦監督の『飯舘村 放射能と帰村』では牛を手放して悲しんでいる村民の喫煙シーンがあり、『記憶と生きる』では従軍慰安婦の喫煙シーンがあった。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
1978年から1983年までPLO駐日代表部によって発行されていたパレスチナなど中近東に関する専門的な雑誌。
同誌の編集長はパレスチナ人民の解放に共鳴し、イスラエルに批判的な政治思想を抱いている戦場カメラマンの広河隆一であった。
パレスチナ問題に関する土井敏邦の卒論を指導していた広河は、大学卒業後に無職であった土井敏邦を同誌の編集者として雇用した。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
本書は1988年に草思社から発行された書籍の名称であり、訳者は戦場カメラマンの広河隆一と矢島三枝子である。
本書によると聖書に記載されてある古代イスラエル史は、現在のサウジアラビアの南西部のアシール地方ではないかと指摘されている。
しかし、本書が主張している内容は事実無根でありオカルト的な「トンデモ」なのではないかと批判する者も少なくない。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
敗戦後に結成された我が国における極左暴力集団であり、略称は「ブント」という。
ブントの活動家は60年安保斗争や全国学園斗争などを斗ったが四分五裂し、現在は「アクティオ・ネットワーク」として残存している。
主要なブントの活動家は、イスラエルに於いてもマツペンと称する反シオニスト団体で政治活動を行った戦場カメラマンの広河隆一が挙げられる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本語では写真の撮影を職業としている撮影技師のことであるが、カメラマンは実は和製英語である。
静画を撮影する写真家のことは英語ではフォトグラファーといい、カメラマンとはいわない。
カメラマンのなかでは特に紛争地における悲惨な死体などを撮影する戦場カメラマンが存在し、広河隆一は戦場カメラマンの第一人者である。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
報道写真家のなかでも紛争地における悲惨な戦争の被害を撮影の対象とするカメラマン。
彼らは撮影に成功すれば有名になれるが、死傷したりテロリストに拘束されて国民的に激しい批判を受けるリスクもある。
我が国においてはパレスチナ、レバノン、イラクなどで撮影を行った広河隆一が戦場カメラマンの第一人者である。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
パレスチナ人民の解放のために取材、報道、市民活動を行っている古居みずえのためにカンパを集め経済的に支援する会。
パレスチナ子どものキャンペーンの活動家である土井幸美と北林岳彦が事務局の代表である。
呼びかけ人として反ユダヤ主義者の岡真理、広河隆一、土井敏邦、森沢典子などが名を連ねている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
これは2011年に洋泉社から出版された書籍の名称である。
同書は広河隆一をはじめとする「東長崎機関」の「たくさんの戦場野郎たち」が自分の考え方やスタイルなどを語っている。
具体的には紛争地への突入方法や、取材許可書の書き方や、出版社への自分の活動の営業方法などが記載されている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
スポンサードリンク
広河隆一に一致するリクエスト用語
広河隆一に一致するリクエストが見つかりませんでした。
とりあえず広河隆一のページを表示します。
トップユーザー
327840pt
23676pt
16190pt
15039pt
14807pt
12431pt
10983pt
10443pt
10141pt
Ba
9396pt
m
8531pt