戦車の検索結果1ページ
戦車に一致する投稿を秀逸順に表示しています。
スポンサードリンク
ソ連軍などによって非武装の日本人1000人以上(多くは女性・子供)が虐殺された事件。1945年8月9日、日ソ中立条約を破ったソ連軍が満州国に侵攻した。
現地の日本人は集団で歩いて避難を開始したが、8月14日にソ連軍の戦車・歩兵部隊と遭遇し、白旗を掲げたにも関わらず機関銃や戦車などにより虐殺された。
一部の現地人は日本人を保護したが、他の日本人生存者の多くは、中国人暴民による暴行・略奪被害に遭い、子供は拉致され人身売買されたと言われている。
スコア:80%
(Posted by Nameless)
1945年8月18~21日に当時日本領の占守島で起きた戦い。日ソ中立条約を破ったソ連労農赤軍が北海道を強奪しようと、降伏後の日本に不法侵攻し、
これに大日本帝国軍が応戦した。日本の戦車第11連隊、独立歩兵第282大隊、独立歩兵第283大隊などがソ連軍の侵攻を食い止め、北海道は守られた。
しかしその後、多くの日本兵は法的根拠もなくソ連によって拉致され、シベリアへ抑留された。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
日本最大の機械メーカー。船舶、エネルギー関連機器、産業機械(石油化学プラント等)、航空機、ロケット、鉄道車両(リニア含む)、など多種多様な製品を製造。
戦車、護衛艦、潜水艦、戦闘機、自衛隊ヘリ、ミサイルなども製造し、日本の国防・防衛産業も支える。
日本を守る為に赤字覚悟で防衛装備を作ってきたが、民生分野の客船やMRJの苦戦もあり、防衛分野も苦境に立たされている。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
「きゅうまるしきせんしゃ」と読む。日本国陸上自衛隊の主力戦車。1990年に運用開始。ソ連戦車「T-72」の脅威に対応するために開発された。
全長9.80m、重量約50t、主砲は44口径120mm滑腔砲。高度なセンサーとコンピューターにより、自分や相手が動いていても高精度な射撃が可能。
複合装甲により防護力向上と軽量化を実現。第3世代戦車の中でも高い性能を持つとされる。西側陣営初の自動装填装置を導入、装填手を削減して3人で運用可能に。
スコア:60%
(Posted by Nameless)
大日本帝国陸軍の部隊。終戦後の1945年8月18日、日ソ中立条約を一方的に破棄したソ連軍が、当時日本領の占守島に不法侵攻した。
これに応戦しソ連による北海道奪取の野望を打ち砕いたのが帝国陸軍の戦車第11連隊であった。大勢の日本兵が亡くなったが、ソ連軍にそれ以上の大打撃を与えた。
陸上自衛隊の第11戦車大隊は、戦車第11連隊の戦いを顕彰し、その「士魂」と伝統を継承している。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
戦地などで敵が持つ兵器・装備・物資などを奪い取る事。敵の兵器の鹵獲に成功した場合、その弱点を調べたり、自国の兵器開発の参考にしたりする他、
そのまま自軍の戦力に加えるなど利用価値は大きい(ただし自軍に加えても交換部品を用意できない場合も多い)。逆に言えば自軍兵器が敵に奪われると大変なので、
兵器を捨てる場合は使用不能になるまで破壊する必要がある。日本も小銃、機関銃、戦車、軍艦などを鹵獲したり、ゼロ戦などを奪われたりする経験をしている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
「ひとまるしきせんしゃ」と読む。日本国陸上自衛隊の主力戦車。全長9.42m、全幅3.24m、重量約44t、主砲は44口径120mm滑腔砲。
世界的にみても高性能とされた90式戦車以上の戦闘能力を保持しつつ、小型・軽量化したとされる。これにより、全国主要国道の橋の84%を通行可能とされる。
C4Iシステムを導入し、情報共有能力を向上、味方との連携が取りやすくなった。取り外し可能なモジュール装甲を導入、防護力強化や素早い交換修理が可能に。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本国陸上自衛隊の装輪装甲車。2016年調達開始。74式戦車と同等の大口径主砲を持ち、タイヤによって舗装路を高速・長距離移動する事ができる反面、
履帯(キャタピラー)を装備した戦車と比べると悪路走破性では劣り、重装甲を備える事も出来ない。味方歩兵に対する直接火力支援や、敵装甲戦闘車輛への対応など
を任務とする。本来、戦車とは特性や任務が異なる兵器であるが、防衛費の制約により配備数が縮小される戦車の代わりとして配備される見込みである。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
アメリカで1980年に正式採用された第3世代主力戦車である。米陸軍、米海兵隊の他、オーストラリア、エジプト、クウェート、サウジアラビアなどでも運用。
当時主流のディーゼルではなく、燃費は悪いが高出力で様々な燃料が使えるガスタービンエンジンを採用した事が特徴の一つ。また防御力が非常に高く、
動けなくなったM1を敵に奪われないように破壊すべく他のM1の主砲で数回撃っても結局壊せなかったという。攻撃力も含め、現在でも世界最強クラスである。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
油圧ショベルなどの履帯(無限軌道/クローラー/キャタピラー)を持つ車輌が、左右の履帯を同じ速度でそれぞれ反対方向に回転させる事で、その場で旋回する事。
一方の履帯を停止し、他方の履帯を回して旋回する方法は信地旋回と呼ばれる。左右の履帯を反転させる為に高度なトランスミッションが必要となる他、
路面への負担が大きい。日米英など西側諸国の主力戦車の殆どは超信地旋回が可能だが、ソ連や中国など東側諸国には超信地旋回ができない戦車が多い。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
「ななよんしきせんしゃ」と読む。日本国陸上自衛隊の主力戦車。1974年運用開始。重量38t、主砲は51口径105mmライフル砲。第2.5世代戦車。
起伏の多い日本国土での運用を想定し、車体を前後左右に傾けられる姿勢制御機能を備える。敵の弾を受け流す避弾経始の構造が取り入れられている。
自動照準機能を世界で初めて実用化した戦車の一つ。長きにわたり我が国を守ってきたが、2010年制式採用の10式戦車へと置き換えられていく予定。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
「ろくいちしきせんしゃ」と読む。日本国陸上自衛隊の主力戦車。1961年制式採用で2000年までに全車退役。戦後第1世代戦車。戦後初の国産戦車。
全長8.19m、全幅2.95m、重量35t、主砲は52口径90mmライフル砲。幅の狭い日本の鉄道で運べるように小型・軽量であった。
主砲の先端が丁字型だが、これは発射の反動を抑えるマズルブレーキである。複数の構造的弱点はあったが、国産戦車開発生産技術を確立させた意義は大きい。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
大日本帝国海軍で編成された陸戦部隊。必要に応じて、軍艦の運用を主務とする水兵を集めて編成されたものであり、陸上戦闘を専門とする海兵隊とはやや異なる。
なお、常設の陸戦隊も存在した。日露戦争や二度の世界大戦で活躍したほか、在外公館や日本人居留民の保護にあたった(義和団の乱、尼港事件など)。
太平洋戦争(大東亜戦争)では、局地防衛の為、空挺部隊(愛称:空の神兵)や戦車部隊まで保有していた。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
ソビエト連邦(現・ロシア)の主力戦車。1970年代に運用が始まった。ソ連以外にワルシャワ条約機構加盟の東欧諸国で導入された他、
イラン、イラク、シリアなどのアラブ諸国などにも輸出された。西側陣営の主力戦車に劣らぬ攻撃力を持ち、軽量な初期型は最高時速110kmを記録した。
この脅威に対抗するため、日本は90式戦車を開発し、北海道の陸自部隊に配備する事となった。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
軍用車輌の一種。敵戦車を破壊できる旋回式の主砲、大口径砲にも耐え得る厚い装甲、不整地走破が可能な履帯を備える。
対戦車戦闘、歩兵支援、要塞・トーチカ等の敵施設制圧、土木作業等に用いられる。車体は大きいが最小限の人員・荷物しか載せられない。
強力だが万能ではないので、味方の航空兵力、対空兵力、歩兵、砲兵等と助け合いながら行動するのが基本である。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
ハゲそうになる
戦車の
クソゲー
スコア:50%
(Posted by
スポンサードリンク
戦車に一致するリクエスト用語
トップユーザー
326735pt
23676pt
16190pt
15039pt
14597pt
10983pt
10321pt
10141pt
10118pt
Ba
9396pt
m
8531pt
8251pt