文房具の検索結果1ページ
文房具に一致する投稿を秀逸順に表示しています。
スポンサードリンク
ぺんてる株式会社から発売されている製図用シャープペンシル。ペン先と一体化した金属製グリップが特徴の一つで、溝が彫られており手が滑りにくい。
また、低重心(ペン先側が重い)なので筆記時の安定性にも優れる。ペン先が細く筆記時の視界が良い。芯径は0.3、0.4、0.5、0.7、0.9の5種類。
価格は500円+税と製図用としては安く、また文具専門店以外のホームセンターやスーパー等でも買える場合が多く、手に入りやすいのも強みである。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
黒鉛の芯を繰り出して使う筆記具。鉛筆と違って芯が細いため削る必要が無く、芯を補充してペン自体は繰り返し使える。
確認されている最古のシャーペンは1791年に沈没したイギリス軍艦「パンドラ」から発見されたものであり、シャーペンの発明はそれよりも前であるとされる。
実用的シャーペンを開発したのは日本の早川徳次(シャープ創業者)で、1915年に金属製で丈夫な「早川式繰出鉛筆」の実用新案を取得している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
ポケモン関連商品を1万点以上集めたアマゾン内のストア。2012年10月18日に開設。
公式ショップ「ポケモンセンター」でのみ販売されている商品の一部も購入できる。
ゲーム、おもちゃ、アパレル、雑貨、文房具などのポケモングッズを扱う最大級のショップとなる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
プラス株式会社が発売している消しゴム。キャッチコピーは「いつもカドで消す感触」。
鉛筆で書いたものを比較的軽い力で消す事ができる。
字をきれいに消す能力も高く、「フォームイレーザー」と共に市販品の中では最高クラスの性能と言われる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
鉛筆などで書かれたものを消すための文房具。かつてはパンで消していたが、1770年代に英国で、ゴムで鉛筆の線を消せる事が発見され市販化された。
1959年に日本のシードゴム工業がゴムより消字性の高いプラスチック消しゴムを開発し、以後、ゴム製の消しゴムはほぼ使用されていない。
一般的なプラスチック消しゴムの他、消しくずの出ない「練り消し」や、インクを紙ごと削り取る「砂消し」など様々な種類がある。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
実演販売時の口上は鉄壁なのに
撤収時にまとめた荷物を落下拡散。
天才なのか天然なのか…謎な文房具の王様。
スコア:50%
(Posted by カルパッチョ
スポンサードリンク
文房具に一致するリクエスト用語
トップユーザー
326481pt
23510pt
16190pt
15039pt
14597pt
10983pt
10321pt
10141pt
10118pt
Ba
9396pt
m
8440pt
8251pt