海自の検索結果1ページ
海自に一致する投稿を秀逸順に表示しています。
スポンサードリンク
2011年3月11日14時46分の地震発生から約6分後の海自自衛艦隊司令官による可動全艦出港命令を皮切りに陸海空自衛隊部隊が次々と出動していった。
総兵力約23万人の半数近い約10万7000人が災害救援に投入された一方で、ロシア・中国の軍用機による日本の防空識別圏への侵入にも対応した。
主な成果は人命救助19,286人、遺体収容9,505体、物資輸送13,906t、給水支援32,985t、給食支援5,005,484食に上った。
スコア:80%
(Posted by Nameless)
日本の海軍記念日は5月27日。日露戦争の中で1905年5月27日から行われた日本海海戦で大日本帝国海軍が勝利した事を記念して制定された。
日本海海戦での圧勝により、ポーツマス講和会議への道を開き、我が国は日露戦争でのギリギリの勝利を収める事ができ、独立を守り抜いた。
現在でも帝国海軍の後身である海上自衛隊や、三笠保存会などが関連行事を行っている。なお、自衛隊記念日は11月1日である。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
元々は大日本帝国海軍の松型駆逐艦「梨」であった。1945年3月15日竣工。同年7月28日に米空母艦載機からの攻撃を受け沈没。
終戦後の1954年に鉄鋼材回収のため引き揚げたところ、状態が良好だったので修理される事になり、1956年5月31日、
海自護衛艦(警備艦)「わかば」として復帰した。主に装備品の試験艦として運用され、1962年の三宅島噴火の際には避難民輸送で活躍した。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
1845年創設の幕府海軍の船は国籍旗として日の丸(日章旗)を掲揚していた。1872年創設の帝国海軍も最初の頃は軍艦旗として日の丸を使用していた。
1889年になると軍艦旗として「十六条旭日旗」が制定された。1952年発足の保安庁警備隊では青と白の縞模様の上に桜の花を描いた「警備隊旗」を使用。
1954年、警備隊が海上自衛隊に改組される際、十六条旭日旗が自衛艦旗として使用再開された。詳細は「日本旗章学協会」のサイトなどを参照されたい。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
日本全国の20~30代の海上自衛官の姿を収録した写真集。女性海上自衛官の写真を収録した「国防女子」という写真集も発売されている。
自衛官の制服姿や鍛え上げられた肉体、勤務・訓練中の凛々しい姿、艦艇や航空機といった装備品など海上自衛隊の様々な写真が多数掲載されている。
また、海自の様々な職種についての解説も載っている。「国防女子」には陸海空自衛隊で唯一の歌手、三宅由佳莉3等海曹の写真も収録されている。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
1872年から1945年まで存在した日本の海軍。不脅威・不侵略を基本方針としたが、戦闘が始まれば「見敵必殺」であった。
全盛期にはアメリカ合衆国海軍、イギリス王立海軍に次ぐ世界三大海軍の一つとして数えられた。
第二次大戦後、米海軍の協力の下、帝国海軍出身者が海上自衛隊を築き上げた事から、海自は帝国海軍の伝統を色濃く受け継いでいる。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
民間国際交流団体を名乗る「ピースボート」の旅客船が、2009年と2016年にソマリア沖・アデン湾を航行する際に、海上自衛隊の護衛艦による護衛を受けた
事案である。ピースボートは海賊対処の為の海自海外派遣に反対していたが、海自に守ってもらう事となった。ピースボートは他にも、北方領土の国後島をロシア領と
認めるかのような行動をとる、北朝鮮に渡航する等の問題行動を繰り返している他、船の整備不良や、乗客による大麻密輸などの事件も起きている。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
日本の国防組織。1954年発足。旧帝国海軍掃海部隊と海上警備隊の後身。事実上の海軍。
対潜水艦戦闘能力、機雷掃海能力、通常動力型潜水艦の性能などは世界屈指の水準にある。
帝国海軍の技術、ノウハウ、伝統を色濃く受け継ぐ。海軍カレー(海自カレー)がおいしいと評判。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
海上保安庁のヘリコプター2機搭載型巡視船。元々は日本と欧州の間でプルトニウムを輸送する際の護衛任務の為に計画され、1992年に就役(海自が護衛する案も
あったが政治的配慮から海保が担当)。欧州まで無補給で航行できるように世界最大級の巡視船として設計され、防弾性やヘリ運用能力などにも優れている。
プルトニウム輸送護衛に使用されたのは一度だけだったが、優れた性能から長期間・外洋での任務に適しており、尖閣警備の為、同型船の建造が行われている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
大日本帝国海軍の航空母艦。「赤城」「加賀」など先に作られた空母の運用経験を取り入れて建造された。軍縮条約の制限に合わせ中型空母として建造。
搭載している爆撃機によって敵空母を無力化し制空権を確保する事が主務とされた。米巡洋艦との遭遇戦を考慮し、対20cm砲防御や34ノットの速力を備えた。
中型空母としては高性能だったとされるが、他の日本空母同様、ダメージコントロールでは米英の空母に劣っていたとされる。海自潜水艦にこの名が継承された。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
陸上自衛隊に創設予定の部隊。これまでの陸自では最上級部隊として5個の「方面隊」が並立しており、防衛大臣は5人の方面隊司令官それぞれに命令をしなければ
ならず、方面隊ごとの調整が必要で非効率的であるとされた。この問題を解決すべく、陸自全体を統括する陸上総隊の創設が検討される事となった。
海自の自衛艦隊や空自の航空総隊、米国の陸軍総軍に相当する組織となり、それらとの連携もしやすくなるとされるが、指揮部隊の肥大化などの問題も指摘される。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
大日本帝国海軍に由来するカレー。栄養不足が原因の脚気による病死者を減らす為、イギリス王立海軍を参考に、肉と野菜の両方が摂れて調理もしやすい
カレーが日本に導入された。材料の多くが肉じゃがと共通し、補給上の都合も良かった。海上勤務中に曜日感覚を維持する為、週に一度カレーを食べる習慣が
今の海上自衛隊でも続いている。海自のカレーイベントは人気が高く、会場に人が入りきらなかった事も。日本で一般に普及しているカレーの原点とも言われる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
アメリカ海軍で1962年から運用されている対潜哨戒機。日本、ドイツ、オーストラリア、タイ、中華民国(台湾)など西側諸国の海軍・空軍で運用されている。
日本では1970年代末から対潜装備を強化したP-3Cを導入。川崎重工業が98機をライセンス生産した。多くの国では10機程度、米国は全世界に約200機を
配備した一方、日本近海だけを守る海自は約100機を運用した(ソ連・中国に対応する為)。後継機はP-8(米国)、P-1(日本)。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
大日本帝国海軍の航空母艦。八八艦隊計画に基づき戦艦として建造が始まったが、ワシントン海軍軍縮条約により廃艦される事が決定。
同時期に建造が進んでいた巡洋戦艦「天城」「赤城」は航空母艦へ改装される事になったが、関東大震災で「天城」が大破し、代わりに「加賀」が空母に改装された。
当初は不具合だらけであったが、大改装後は日本空母で最も広い航空機格納庫と長大な航続距離を誇る主力空母となった。海自ヘリ空母「かが」にその名を継承した。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
ソマリア沖・アデン湾で活動する海賊から、海運を担う民間船舶を護衛する為にアフリカのジブチ共和国に設けられた、戦後日本としては初の海外軍事拠点である。
海賊対処活動には海上自衛隊、陸上自衛隊、航空自衛隊、海上保安庁が関わっているが、その内、海自の航空隊、陸自の基地警護部隊などが駐留している。
海洋侵出を進める中国軍のジブチ基地開設への対応や、アフリカ・中東での邦人保護などの為に自衛隊ジブチ基地は拡充される予定となっている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
大日本帝国海軍の将校たる士官を養成する教育機関。広島県の江田島に所在。海軍機関学校、海軍経理学校と共に帝国海軍の生徒三校と呼ばれた。
規模では英国の王立海軍兵学校、米国の合衆国海軍兵学校と並び、世界三大兵学校と呼ばれた。兵学校の同期(クラス)同士の絆はとても強く、誰かが戦死した場合、
生き残った同級生が戦死者の遺族の面倒を見る程であった。現在でも江田島には海上自衛隊の幹部自衛官を養成する幹部候補生学校が置かれている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
航空自衛隊の実戦部隊全体を指揮する高級司令部。警戒管制レーダーや早期警戒管制機によって日本周辺を常時警戒監視し、領空侵犯の恐れがある航空機を発見した
場合には、戦闘機を緊急発進させ、我が国の領空を守る。また、PAC-3による弾道ミサイル迎撃も担う他、航空機事故の際の救難活動や、災害救援活動も行う。
海自の「自衛艦隊」や陸自に創設予定の「陸上総隊」に相当する組織で、陸海自衛隊や米軍と連携する為の組織としても機能する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本国海上自衛隊のヘリ搭載護衛艦(DDH)の艦級。同型艦は「いずも」と「かが」の全2隻。全長248m、満載排水量約27,000t。
事実上の「ヘリ空母」で、多数の対潜哨戒ヘリを運用して敵潜水艦を探知・撃退するのが主な役目。ひゅうが型よりもヘリ運用・補助的能力に特化。
優れた指揮通信能力で陸海空自衛隊の連携を助ける他、輸送艦、補給艦、病院船的な機能も併せ持つ。「いずも」はアイス自販機を搭載した海自初の護衛艦である。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
海上自衛隊で建造が計画されていたヘリ空母(CVH)。全長166.5m、満載排水量14,000t、速力29ノット、対潜哨戒ヘリ18機搭載の予定であった。
1960年7月の防衛庁(現・防衛省)庁議で建造決定までこぎつけていたが、60年安保闘争による政局の混乱で建造は実現しなかった。
海自は長らくヘリ搭載駆逐艦で対潜水艦戦闘に備えていたが、2009年以降「ひゅうが型」と「いずも型」が登場し、対潜ヘリ空母配備が実現した。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
航空自衛隊が中心となって実施する観兵式(軍事パレード)。陸自中央観閲式や海自の自衛隊観艦式と持ち回りで3年に一度、自衛隊記念日の時期に開催される。
総理大臣の観閲を受ける事で「自衛隊員の使命の自覚及び士気の高揚を図るとともに、防衛力の主力を展示し、自衛隊に対する国民の理解と信頼を深める」事が目的。
航空自衛隊機を中心に陸海空自衛隊の各部隊が参加する。観閲飛行の他、徒歩行進や各種装備の地上走行なども行われる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
スポンサードリンク
海自に一致するリクエスト用語
トップユーザー
327204pt
23676pt
16190pt
15039pt
14597pt
10983pt
10443pt
10141pt
10118pt
Ba
9396pt
m
8531pt