空自の検索結果1ページ
空自に一致する投稿を秀逸順に表示しています。
スポンサードリンク
2011年3月11日14時46分の地震発生から約6分後の海自自衛艦隊司令官による可動全艦出港命令を皮切りに陸海空自衛隊部隊が次々と出動していった。
総兵力約23万人の半数近い約10万7000人が災害救援に投入された一方で、ロシア・中国の軍用機による日本の防空識別圏への侵入にも対応した。
主な成果は人命救助19,286人、遺体収容9,505体、物資輸送13,906t、給水支援32,985t、給食支援5,005,484食に上った。
スコア:80%
(Posted by Nameless)
1987年12月9日に沖縄の上空に侵入したソビエト連邦軍のTu-16偵察機に対し、航空自衛隊のF-4戦闘機が自衛隊史上初の実弾警告射撃を行った事案。
日本側は無線での警告や視覚信号での退去指示を行ったが、ソ連機は退去するどころか沖縄の島の上空へ侵入した為、日本機が警告射撃を行った。
日本政府はソ連政府に抗議し、事実関係の調査と責任者の処罰を求めた。その後、ソ連機の機長は降格され、搭乗員は搭乗停止処分を下された。
スコア:80%
(Posted by Nameless)
国籍不明の航空機が日本の領空に不法侵入する恐れがある場合に、これを追い払うために航空自衛隊の戦闘機が緊急発進する事。
2013年以降は年間緊急発進件数が800件を超え、そのほとんどは中国とロシアの航空機の接近によるものである。まれに北朝鮮や台湾などから飛来する事も。
直接戦火を交える事はほとんど無いとは言えスクランブルは紛れもない「実戦」であり、日本は常に脅威にさらされている事になる。
スコア:80%
(Posted by Nameless)
日本国航空自衛隊の第4.5世代ジェット戦闘機。日本単独開発の予定だったが、日米貿易摩擦などの政治的問題の影響で日米共同開発。2000年に運用開始。
高い空戦能力に加え、空対艦ミサイルを最大4発搭載可能で、戦闘機としては世界最高水準の対艦攻撃能力を誇る。愛称は「平成のゼロ戦」「バイパーゼロ」など。
当初は141機生産予定だったが、損耗予備分などが削られ実際には94機にとどまった。東日本大震災の津波で18機が被災、5機は修理不能となってしまった。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
日本国航空自衛隊のF-15J戦闘機の一種。日本が保有する約200機のF-15Jのうちの約半数を占めるが、旧式機である上に近代化改装が困難であるという
問題を抱えている。飛行性能自体は、後期生産型を近代化改装した「F-15MJ」と同じであるが、肝心の電子機器の性能が「ファミコン並み」に低く、
1970年代から性能が殆ど向上しておらず、現代の戦闘機を相手に戦うのは非常に厳しいとされる。電子機器の性能の低さ故、新型ミサイルの運用も困難である。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
航空自衛隊の戦闘機。1971年運用開始。米空軍のF-4Eを日本向けに改修したもので、政治的理由から爆撃装備や空中給油装置などが外され、
要撃(迎撃)戦闘機の役割に特化した。全140機中90機が1980年代に改修され、低空の敵を探知・攻撃するルックダウン/シュートダウン能力や、
空対艦ミサイル運用能力などが付与され、爆撃能力も復活した。半世紀近く我が国を守ってきたが、新型のF-35Aに日本の未来を託し、退役していく予定である。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
日本全国の20~30代の海上自衛官の姿を収録した写真集。女性海上自衛官の写真を収録した「国防女子」という写真集も発売されている。
自衛官の制服姿や鍛え上げられた肉体、勤務・訓練中の凛々しい姿、艦艇や航空機といった装備品など海上自衛隊の様々な写真が多数掲載されている。
また、海自の様々な職種についての解説も載っている。「国防女子」には陸海空自衛隊で唯一の歌手、三宅由佳莉3等海曹の写真も収録されている。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
日本の国防組織。1954年発足。事実上の空軍。米空軍の協力の下、帝国陸海軍双方の出身者が中心となって設立した。
戦闘機約360機の他、輸送機約40機、早期警戒機17機、空中給油機などを保有する。パイロットの質や装備の稼働率は世界的にみて高水準とされる。
弾道ミサイルを迎撃する地対空誘導弾パトリオットも運用する。曲芸飛行隊のブルーインパルスが人気である。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
日本の国防組織。1954年発足。1950年に誕生した警察予備隊の後身。事実上の陸軍。帝国陸軍のノウハウや伝統を継承している。
近年は、機動展開できる部隊の整備や、島嶼奪還、対テロ戦、海空自衛隊との連携、国際貢献などの能力を整備している。
日本は島国なので海空自衛隊に比べ予算面で冷遇されがちだが、災害時にも頼れる、非常に大切な最後の砦である。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
陸上自衛隊に創設予定の部隊。これまでの陸自では最上級部隊として5個の「方面隊」が並立しており、防衛大臣は5人の方面隊司令官それぞれに命令をしなければ
ならず、方面隊ごとの調整が必要で非効率的であるとされた。この問題を解決すべく、陸自全体を統括する陸上総隊の創設が検討される事となった。
海自の自衛艦隊や空自の航空総隊、米国の陸軍総軍に相当する組織となり、それらとの連携もしやすくなるとされるが、指揮部隊の肥大化などの問題も指摘される。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
航空自衛隊の曲芸(アクロバット)飛行隊の愛称。正式名称は第4航空団の「第11飛行隊」。1960年に「空中機動研究班」として発足した。
人々に空自を知ってもらう事などを目的としており、1964年東京五輪、1970年大阪万博、2002年W杯などを始めとする各種イベントで展示飛行を行う。
帝国海軍は1930年代から曲芸飛行を行い、「源田サーカス」の名で親しまれていたが、これに関わっていた源田実が働きかけた事でブルーインパルスが誕生した。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
ソマリア沖・アデン湾で活動する海賊から、海運を担う民間船舶を護衛する為にアフリカのジブチ共和国に設けられた、戦後日本としては初の海外軍事拠点である。
海賊対処活動には海上自衛隊、陸上自衛隊、航空自衛隊、海上保安庁が関わっているが、その内、海自の航空隊、陸自の基地警護部隊などが駐留している。
海洋侵出を進める中国軍のジブチ基地開設への対応や、アフリカ・中東での邦人保護などの為に自衛隊ジブチ基地は拡充される予定となっている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本国海上自衛隊が保有するヘリコプター搭載空母。名前はいずも。
実は一人じゃ何にも出来ない。つまり、こいつを旗艦にして、イージス艦などと一緒に行動する。
こいつにF35Bを積めるとか、積めないとか… まぁ空母は、自衛の範囲外!と言われているけれど。
スコア:60%
(Posted by らぷたぁ
航空自衛隊の捜索救難の中核を担う組織。航空救難団の隷下に10個の救難隊と4個のヘリコプター空輸隊があり、これらが全国に配置されている。
過酷な環境で活動する自衛隊の航空機墜落事故での救助の他、悪天候などで消防などが対応できない状況での急患輸送や山岳・海上での遭難者捜索・救助活動も行う。
過酷な状況で救助を行う為、救難員(メディック)は非常に優れた身体能力、精神力、知力を持ち、極めて厳しい空挺レンジャー訓練を修了している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本初の国産の超音速空対艦ミサイル。2018年1月に防衛省が開発完了を発表し、2019年度から量産を開始する。海洋侵出を進める中国などへの対応策として
航空自衛隊のF-2戦闘機に搭載し、島嶼防衛能力を強化する。射程は従来のミサイルと同程度の百数十kmだが、新型のジェットエンジンにより速度はマッハ3以上
に向上し、迎撃されにくくなった。世界的にミサイルの高速化・長射程化が加速しており、日本も抑止力強化を迫られている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
航空自衛隊の実戦部隊全体を指揮する高級司令部。警戒管制レーダーや早期警戒管制機によって日本周辺を常時警戒監視し、領空侵犯の恐れがある航空機を発見した
場合には、戦闘機を緊急発進させ、我が国の領空を守る。また、PAC-3による弾道ミサイル迎撃も担う他、航空機事故の際の救難活動や、災害救援活動も行う。
海自の「自衛艦隊」や陸自に創設予定の「陸上総隊」に相当する組織で、陸海自衛隊や米軍と連携する為の組織としても機能する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本国海上自衛隊のヘリ搭載護衛艦(DDH)の艦級。同型艦は「いずも」と「かが」の全2隻。全長248m、満載排水量約27,000t。
事実上の「ヘリ空母」で、多数の対潜哨戒ヘリを運用して敵潜水艦を探知・撃退するのが主な役目。ひゅうが型よりもヘリ運用・補助的能力に特化。
優れた指揮通信能力で陸海空自衛隊の連携を助ける他、輸送艦、補給艦、病院船的な機能も併せ持つ。「いずも」はアイス自販機を搭載した海自初の護衛艦である。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
静岡県浜松市に所在する航空自衛隊の基地。1926(大正15)年に陸軍飛行第7連隊が当時の東京府立川町から浜松に移駐し基地の歴史が始まった。
1933年には爆撃の研究を行う浜松陸軍飛行学校が設立された。第二次大戦後は保安隊(現・陸自)航空学校が設置され、空自発足後はパイロットや整備員等を
教育する部隊が置かれ、空自の発祥地・教育の中心地としての地位にある。また、ブルーインパルス(空中機動研究班)発祥の地でもある。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
航空自衛隊が中心となって実施する観兵式(軍事パレード)。陸自中央観閲式や海自の自衛隊観艦式と持ち回りで3年に一度、自衛隊記念日の時期に開催される。
総理大臣の観閲を受ける事で「自衛隊員の使命の自覚及び士気の高揚を図るとともに、防衛力の主力を展示し、自衛隊に対する国民の理解と信頼を深める」事が目的。
航空自衛隊機を中心に陸海空自衛隊の各部隊が参加する。観閲飛行の他、徒歩行進や各種装備の地上走行なども行われる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
アフリカ大陸・アラビア半島付近のソマリア沖やアデン湾で活動する海賊から、国際海運を担う船舶などを護衛する為の自衛隊海外派遣である。
当該海域は年間約1,600隻の日本関連船舶が通る重要な海上交通路である。海自護衛艦が船舶を護衛し、P-3C哨戒機が空から監視を行う。
陸自が自衛隊ジブチ基地の警備と管理を担当し、空自が人員・物資の輸送を担う。また、海賊の逮捕手続きを担当する海上保安官も護衛艦に同乗する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
スポンサードリンク
空自に一致するリクエスト用語
トップユーザー
327204pt
23676pt
16190pt
15039pt
14597pt
10983pt
10443pt
10141pt
10118pt
Ba
9396pt
m
8531pt