航空機の検索結果1ページ
航空機に一致する投稿を秀逸順に表示しています。
スポンサードリンク
国籍不明の航空機が日本の領空に不法侵入する恐れがある場合に、これを追い払うために航空自衛隊の戦闘機が緊急発進する事。
2013年以降は年間緊急発進件数が800件を超え、そのほとんどは中国とロシアの航空機の接近によるものである。まれに北朝鮮や台湾などから飛来する事も。
直接戦火を交える事はほとんど無いとは言えスクランブルは紛れもない「実戦」であり、日本は常に脅威にさらされている事になる。
スコア:80%
(Posted by Nameless)
日本最大の機械メーカー。船舶、エネルギー関連機器、産業機械(石油化学プラント等)、航空機、ロケット、鉄道車両(リニア含む)、など多種多様な製品を製造。
戦車、護衛艦、潜水艦、戦闘機、自衛隊ヘリ、ミサイルなども製造し、日本の国防・防衛産業も支える。
日本を守る為に赤字覚悟で防衛装備を作ってきたが、民生分野の客船やMRJの苦戦もあり、防衛分野も苦境に立たされている。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
自衛隊が航空機を用いて急病患者を救急搬送する任務の事。天候が悪く高性能ヘリが必要な場合や、ドクターヘリの航続距離では対応できない場合などに出動する。
ヘリコプター救急体制に不安のある沖縄県や離島地域などでは必要不可欠の存在となっている。都道府県知事からの要請により災害派遣として急患輸送が行われる。
年間400件ほど急患輸送が行われており、その多くは沖縄、鹿児島、長崎など離島の多い県であり、他には東京都や北海道などで自衛隊が急患輸送を行っている。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
航空自衛隊の戦闘機。1971年運用開始。米空軍のF-4Eを日本向けに改修したもので、政治的理由から爆撃装備や空中給油装置などが外され、
要撃(迎撃)戦闘機の役割に特化した。全140機中90機が1980年代に改修され、低空の敵を探知・攻撃するルックダウン/シュートダウン能力や、
空対艦ミサイル運用能力などが付与され、爆撃能力も復活した。半世紀近く我が国を守ってきたが、新型のF-35Aに日本の未来を託し、退役していく予定である。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
アメリカ海軍の原子力空母の艦級。中小規模空軍の総兵力を凌駕する航空戦力を持つニミッツ級空母を更に発展させたもの。満載排水量約10万t。
ニミッツ級と比較すると、2倍の航空機用兵器搭載能力、3倍の発電能力を持つ新型原子炉、船体のステルス化、航空機出撃回数の増加(1日120回→160回)、
飛行甲板の拡大、制御しやすい電磁式カタパルト、自動化による操艦要員の削減、将来拡張のための空間的余裕などの改良点が挙げられる。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
日本全国の20~30代の海上自衛官の姿を収録した写真集。女性海上自衛官の写真を収録した「国防女子」という写真集も発売されている。
自衛官の制服姿や鍛え上げられた肉体、勤務・訓練中の凛々しい姿、艦艇や航空機といった装備品など海上自衛隊の様々な写真が多数掲載されている。
また、海自の様々な職種についての解説も載っている。「国防女子」には陸海空自衛隊で唯一の歌手、三宅由佳莉3等海曹の写真も収録されている。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
基本的に、地上へ爆弾やミサイルや核兵器を無慈悲にばらまくやつ。
時代によって違うが、現用機は遠くまで行って、敵の大事場所をぶっ壊す。
ステルス機能を持つものまでおり、知らぬ間に「お前はもう死んでいる」ができる。
スコア:66%
(Posted by らぷたぁ
大日本帝国海軍の空母の艦級。「翔鶴」と「瑞鶴」の2隻からなる。空母「加賀」「蒼龍」「飛龍」の経験を取り入れ、軍縮条約による排水量制限を受けずに建造
された完成度の高い空母となった。満載排水量約3万2千t。34ノットの高速力と長大な航続距離を有し、加賀に次ぐ日本で2番目の航空機搭載数を誇る。
弾薬庫・機関部などの防御力は蒼龍・飛龍より強化されたが、重量バランスなどの問題から飛行甲板・格納庫は装甲化されず、搭載戦闘機と対空砲で防衛していた。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
アメリカ空軍が使用している爆撃機。ここでは、現用機についてのみ書く。
空中給油をしながら地球の裏側だろうが、なんだろうが、無慈悲に爆弾(たまに核)をばらまいてかえってくる。
2013/12/21現在、B52・B1・B2の三機種が無慈悲に活動している。
スコア:60%
(Posted by らぷたぁ
アメリカ海軍で1962年から運用されている対潜哨戒機。日本、ドイツ、オーストラリア、タイ、中華民国(台湾)など西側諸国の海軍・空軍で運用されている。
日本では1970年代末から対潜装備を強化したP-3Cを導入。川崎重工業が98機をライセンス生産した。多くの国では10機程度、米国は全世界に約200機を
配備した一方、日本近海だけを守る海自は約100機を運用した(ソ連・中国に対応する為)。後継機はP-8(米国)、P-1(日本)。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
大日本帝国海軍の航空母艦。八八艦隊計画に基づき戦艦として建造が始まったが、ワシントン海軍軍縮条約により廃艦される事が決定。
同時期に建造が進んでいた巡洋戦艦「天城」「赤城」は航空母艦へ改装される事になったが、関東大震災で「天城」が大破し、代わりに「加賀」が空母に改装された。
当初は不具合だらけであったが、大改装後は日本空母で最も広い航空機格納庫と長大な航続距離を誇る主力空母となった。海自ヘリ空母「かが」にその名を継承した。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
航空自衛隊の捜索救難の中核を担う組織。航空救難団の隷下に10個の救難隊と4個のヘリコプター空輸隊があり、これらが全国に配置されている。
過酷な環境で活動する自衛隊の航空機墜落事故での救助の他、悪天候などで消防などが対応できない状況での急患輸送や山岳・海上での遭難者捜索・救助活動も行う。
過酷な状況で救助を行う為、救難員(メディック)は非常に優れた身体能力、精神力、知力を持ち、極めて厳しい空挺レンジャー訓練を修了している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
誘導弾(ミサイル)の誘導方式に関する用語。発射されたミサイルが自分で目標を追尾できる能力の事。逆に言えば「撃ちっぱなし能力」の無いミサイルは、
発射母体(航空機等)のレーダーによる誘導を受けないと目標に命中できず、発射母体もミサイルを誘導する為、敵に比較的近い場所に居続けないといけないので
反撃を受ける危険性が高かった。撃ちっぱなし能力があれば発射母体はすぐにその場から避難する事が可能。ただしミサイルの値段は高くなる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
大日本帝国海軍の空母。八八艦隊計画に基づき巡洋戦艦として起工されたが、ワシントン海軍軍縮条約の制限により航空母艦へと仕様変更された。
巡洋戦艦を無理に空母化したため当初は不具合が多かった。飛行甲板を3段式にし発艦用と着艦用で分ける予定だったがまともに使えたのは一番上の甲板だけだった。
大改装で3段甲板の問題点は改善。その後も左側に置いた艦橋が航空機の発着を阻害するなどの問題点も残ったが日本の主力大型空母として活躍した。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
航空自衛隊の実戦部隊全体を指揮する高級司令部。警戒管制レーダーや早期警戒管制機によって日本周辺を常時警戒監視し、領空侵犯の恐れがある航空機を発見した
場合には、戦闘機を緊急発進させ、我が国の領空を守る。また、PAC-3による弾道ミサイル迎撃も担う他、航空機事故の際の救難活動や、災害救援活動も行う。
海自の「自衛艦隊」や陸自に創設予定の「陸上総隊」に相当する組織で、陸海自衛隊や米軍と連携する為の組織としても機能する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
イラン・イラク戦争中の1985年3月17日、イラク政府が「48時間の猶予期限以降にイラン上空を飛ぶ航空機を無差別攻撃する」と突如宣言。
イランに居る外国人は自国の航空会社や軍隊の航空機に救出されたが、日本は当時の法制度上、自衛隊の海外派遣ができず数百名もの邦人を救出できなかった。
結局、1890年の日本人によるエルトゥールル号救助への恩返しとして、トルコ政府がトルコ航空の旅客機を派遣し日本人を救助してくれた。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
大日本帝国海軍の「三菱零式艦上戦闘機」の愛称。艦上戦闘機とは航空母艦に発着する戦闘機の事である。1940(皇紀2600)年制式採用。
徹底的に軽量化した機体による高い運動性能、大威力の20mm機関砲、長大な航続距離を併せ持つ強力な戦闘機であった。ただし、防御力や無線機の性能などに
問題を抱えていた。第二次大戦終盤には米軍の新鋭機・新戦術により劣勢となった。日本の戦闘機では最多の合計1万機以上が生産された。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
自国の沿岸域で活動する海軍の事。自国から遠く離れた海域に艦隊を派遣して長期間の活動を行う為には、洋上補給能力や、
水上艦・潜水艦・航空機の各種脅威に対応できる戦闘能力などが必要であり、そういった高い能力を有する「外洋海軍」の維持・運用には莫大な資金が必要となる為、
多くの国の海軍は地域海軍どまりである。日本国海上自衛隊は長大な海上交通路(シーレーン)を守る為、限定的ながら外洋海軍としての能力を有する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
ソ連(現・ロシア)の空母。ボスポラス海峡などでの空母の通行を禁止するモントルー条約を回避する為、ロシア側は「重航空巡洋艦」と主張している。
同型艦は全2隻で、2番艦「ヴァリャーグ」は中国海軍の手に渡り、改修されて「遼寧」として運用されている。ロシアで運用されている「クズネツォフ」は
計50機以上の航空機を搭載・運用できる他、空母としては珍しく艦本体が艦対艦ミサイルなどで重武装している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本国海上自衛隊の汎用護衛艦。同型艦は全部で4隻。帝国海軍の秋月型駆逐艦、海自の(初代)あきづき型護衛艦に続く3代目の「あきづき型」である。
初代・2代目と同様に「防空駆逐艦」である。近くにいる味方艦を敵の航空機・ミサイルから守る僚艦防空能力を持つ。
弾道ミサイル対処中のイージス艦は、対空戦・対潜戦への備えが手薄になってしまうので、「あきづき」型護衛艦が補完する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
スポンサードリンク
航空機に一致するリクエスト用語
トップユーザー
327204pt
23676pt
16190pt
15039pt
14597pt
10983pt
10443pt
10141pt
10118pt
Ba
9396pt
m
8531pt