観光の検索結果1ページ
観光に一致する投稿を秀逸順に表示しています。
スポンサードリンク
栃木県那須町に所在する北関東最大級の遊園地。「10大コースター」を始めとする多数のアトラクションを擁する。
園内には土産店や飲食店が複数存在。キャラクターとのコラボ企画やフリーマーケット、婚活など様々なイベントも行われる。
同園の公式宿泊施設として「TOWAピュアコテージ」がある。冬季は休業日が多く、特に1~2月は長期休業するため要注意。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
栃木県下野市が知名度向上などを目的に制作しているアニメ作品。平成30年1月10日(かんぴょうの日)に「とちぎテレビ」で放送予定の他、下野市観光協会にて
BDが限定販売されるという。物語は、大宝律令制定などで活躍した歴史上の人物・下野古麻呂が現代の下野市に現れ、とちテレのご当地アイドルキャラクター
「まろに☆えーる」と共に人探しをする内容だという。まろに☆えーるの一員である「瓜田瑠璃」は下野市の観光大使に任命されている。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
タイやチベットの仏教僧のような格好をして金品を要求する詐欺師、また、その詐欺の手法のこと。
2012年秋葉原を徘徊し外国人観光客をターゲットにした偽僧侶が出現し問題となった。
まず署名のような物の要求され、それを書き込むと「寄付」「マネー」と金銭を要求する手口。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
栃木県の南端に位置する人口約16万人の市(2017年時点)。江戸時代に舟運を活用した商人街として発達し、現在でも蔵造りの建物など歴史的な街並みが残り
小江戸、小京都、関東の倉敷などと呼ばれる。東京からは鉄道・高速道路で約1時間の距離。商業地としては宇都宮や小山に押され気味だが大型商業施設を擁する。
食品系を筆頭に工場が集まり北関東工業地域の一部を形成。農業産出額は県内3位。観光地は、蔵の街並みや魔方陣スーパーカーミュージアム、栃木温泉など。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
2013年に運行開始した、大阪・名古屋・京都と伊勢志摩を結ぶ、近鉄の新型豪華観光特急。
本革を使用した座席や個室・カフェ車両などを備えており、「乗ること自体が目的になる電車」がコンセプト。
一年間で最も優秀な鉄道車両に贈られる「ブルーリボン賞」を受賞するなど、連日ほぼ満席の大盛況になった。
スコア:66%
(Posted by だぶるみかん
栃木県那須町に所在する美術館。日本最大のトリックアートのテーマパークとされる。目の錯覚を利用した作品が展示されており、見るだけでなく、触ったり、
写真を撮ったりして楽しむ事もできる。施設は3つの建物から構成されている。動物や恐竜など子供にも親しみやすい作品を擁する「トリックアートの館」、
クイズや体験型作品で遊べる「トリックアート迷宮?館」、世界の名作を基にした作品が特徴の「ミケランジェロ館」がある。作品の制作工程を見学する事も可能。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県那須町にある標高1,915mの成層火山。日光国立公園に属し、日本百名山でもある。茶臼岳や、茶臼岳を中心とする火山群を「那須岳」とも呼ぶ。
那須岳の活発な火山活動により、周辺には多数の温泉が湧き出ている。また有毒な火山ガスが出ている箇所もあり、九尾の狐と殺生石の伝説が生まれている。
山の麓には那須ハイランドパーク、那須どうぶつ王国、那須サファリパーク、那須高原南ヶ丘牧場、ステンドグラス美術館などのレジャー・観光名所が多数存在する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本の関東地方北部に位置する県。県庁所在地は宇都宮市。関東の中で面積(約6408平方km)は最大、人口(約196万人)は群馬と最下位争いの状態である。
領域の大部分は関東平野だが北西部は山岳地帯である。農業、工業、商業、観光業のバランスが良いとされる。自動車、金属、医療機器、光学機器などの産業が盛ん。
観光分野では皇室の那須御用邸や日光東照宮、戦場ヶ原、いろは坂、殺生石、鬼怒川温泉、塩原温泉郷、那須温泉郷、那須高原などが知られる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
人吉~湯前を走る鈍行観光列車
デザインをななつ星イン九州の水戸岡鋭治さんが手がける、3色の列車
途中25キロ走行や、無人駅に5分停車、車内ではワゴンサービス、地元の人のおもてなし隊が出迎える
スコア:66%
(Posted by シルバー
栃木県北西部に位置する町。人口は2017年10月時点で約2万4千人。東北自動車道、国道4号線・294号線、東北新幹線(町内に駅は無い)、JR東北本線等
が通っている。北西部に茶臼岳(那須岳)があり、その麓には那須ハイランドパーク、那須サファリパーク、那須ステンドグラス美術館、那須クラシックカー博物館
那須温泉など多くの観光名所が所在し、観光が主力産業である。町内に本社を置く主な企業としては那須高原ビール(株)などが挙げられる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県大田原市佐良土(さらど:旧・湯津上村)に所在する淡水魚水族館。300種2万匹の魚を展示している。近くを流れる那珂川の上流から下流までを再現
した展示の他、アマゾン川の魚を展示する水槽としては日本最大の「アマゾン水槽」を擁する。更に生き物に触れるコーナーや、日本の希少魚コーナー、
カピバラの展示、「あこがれの海」コーナー等もある。また、魚の展示のみならず、栃木県北部の八溝地域の文化や食材を伝える役目も持つ施設である。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県日光市に所在するミニチュアパーク。世界各国の建造物を再現した模型が展示されている。キャッチコピーは「一日でめぐる世界一周の旅」。
園内の模型は実物の25分の1の縮尺。実物の建物の改修に合わせて模型も改修するなど本物の再現にこだわっている。模型の周りには盆栽が置かれ、臨場感や季節の
彩りを演出している。展示模型は、東京スカイツリー、鹿苑寺金閣、姫路城、自由の女神、サグラダ・ファミリア、タージ・マハル、ピラミッド等多数
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県中部に所在する市。2005年3月28日に氏家町と喜連川町が合併して誕生した。人口は2017年10月時点で約4万5千人。県都・宇都宮に隣接。
東北自動車道、国道4号線・293号線、JR宇都宮線などが市内を通る。東北新幹線と宇都宮線を乗り継げば東京から70分ほどで行く事ができる。
矢板市に代わり、塩谷地域の実質的な中心都市になっているという。観光地としては喜連川温泉、松島温泉、早乙女温泉、勝山城址などが挙げられる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県那須町に所在する牧場。1999年に南米アンデスから200頭のアルパカを輸入して開業した日本初のアルパカ牧場である。
2016年現在、約400頭のアルパカを飼育しておりその数は国内最多である。関東地方の中ではアンデスの高地に近い環境である事から那須高原が牧場の場所に
選ばれた。この牧場のアルパカが「ミラバケッソ」でお馴染みのクラレのCMに出演した。アルパカの他にミニチュアホースやダチョウも飼育されている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
明治時代初期の足尾銅山鉱毒事件による鉱毒を沈殿させ無害化させる為に、渡良瀬川の下流域である、栃木県最南端の旧谷中村地域に作られた遊水地。
足尾銅山が1973年に閉山し、新たに流れてくる鉱毒が減少した事から、鉱毒対策よりも治水・利水の為の役割が大きくなっている。
渡良瀬遊水地整備により不明瞭となっていた栃木・群馬・埼玉の3県の県境を確定する作業が2016年に行われた。3県境を観光地にしていく構想があるという。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県北部に位置する那須岳の南側のふもとの事。那須岳と国道4号線・東北本線の間の緩やかな傾斜地帯。火砕流台地。
那須温泉郷や那須御用邸がある事で知られ、東北自動車道や東北新幹線などで東京から日帰りできる日本有数の観光地。牧場や動物園、遊園地、美術館、商業施設、
ホテル、ペンション、キャンプ場など多種多様なレジャースポットを擁する。平成23年には御用邸の敷地の約半分が「那須平成の森」として一般開放された。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
一葵さやか氏による日本の漫画作品。企画はとちぎテレビ。栃木県の名産品等をより広く知ってもらう為に活動するご当地アイドルの日常を描いたコメディ作品。
「とちテレアニメ専用サイト」にて毎月1日にボイスコミックが無料公開されている。2017年11月に単行本が発売された。
下野市とのタイアップで「サクラノチカイ」としてアニメ化され、2018年1月10日にとちテレで放送予定の他、BDが下野市観光協会で発売予定。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県の北西部に位置する市。2006年の市町村合併により関東最大の面積の自治体となった。全国でも岐阜県高山市、静岡県浜松市に次ぐ第3位の面積。
江戸時代に徳川家康、徳川家光を祀る日光東照宮が出来て以来、参拝客で賑わうようになり、明治以降は日本が誇る国際観光都市へと発展した。
人口は2017年時点で約8万人。産業は観光の他に、鉱工業、中禅寺湖でのヒメマスの養殖、食品加工、農業、木工、水力発電などがある。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
かつて関東地方北部、栃木県北西部に存在した村。2006年3月20日に今市市、日光市、足尾町、藤原町と合併し、日光市となった。
この合併により栃木県内から「村」が無くなった。県内最大の面積を誇る自治体であったが、合併して日光市になってからは全国第3位の面積となった。
険しい山岳地帯である。観光地としては、湯西川温泉、女夫渕温泉、奥鬼怒温泉郷などが挙げられる。かつてはダムによる自立を目指していたという。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
県南部に比べると山が多く、特に北西部には関東最高峰の日光白根山や、県の象徴的な山である男体山、那須岳(茶臼岳)等がそびえる。
北西部の山岳地帯の大部分は日光国立公園となっている。一方で北東部はそこそこ開けた地形。主な都市は那須塩原市、日光市、大田原市、さくら市など。
日光東照宮や中禅寺湖、那須高原や鬼怒川温泉、塩原温泉など全国的・世界的にも知られる観光地を擁する。工業・農業地帯である。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
スポンサードリンク
観光に一致するリクエスト用語
トップユーザー
327204pt
23676pt
16190pt
15039pt
14597pt
10983pt
10443pt
10141pt
10118pt
Ba
9396pt
m
8531pt