陸自の検索結果1ページ
陸自に一致する投稿を秀逸順に表示しています。
スポンサードリンク
大日本帝国陸軍の連隊の一つ。青森県に駐屯していた。西南戦争、日清戦争、日露戦争、シベリア出兵、満州事変、日中戦争・太平洋戦争(大東亜戦争)など
日本が経験した主要な戦いの殆どに参加した。アジア侵出を企むロシアに対処する為の冬季訓練中に発生した、1902年の八甲田雪中行軍遭難事件でも知られる。
連隊番号は陸自の第5普通科連隊に継承されており、同普通科連隊は毎年、能力向上と歩兵第5連隊の雪中行軍遭難者追悼を目的とした雪中行軍を実施している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
陸上自衛隊に創設予定の部隊。これまでの陸自では最上級部隊として5個の「方面隊」が並立しており、防衛大臣は5人の方面隊司令官それぞれに命令をしなければ
ならず、方面隊ごとの調整が必要で非効率的であるとされた。この問題を解決すべく、陸自全体を統括する陸上総隊の創設が検討される事となった。
海自の自衛艦隊や空自の航空総隊、米国の陸軍総軍に相当する組織となり、それらとの連携もしやすくなるとされるが、指揮部隊の肥大化などの問題も指摘される。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
「しのだやまちゅうとんち」と読む。日清戦争、日露戦争で勇名を馳せた陸軍野砲兵第四連隊の移駐に伴い、大正8年に大阪府和泉市に創設された。
第二次大戦敗戦後、同駐屯地は米軍に接収され、日米共同利用となった。昭和32年、駐屯地が日本に返還されると、地域住民による熱心な誘致活動が行われ、
陸上自衛隊の駐屯地となった。昭和37年の師団改編時、かつて大阪城に駐屯していた陸軍歩兵第三七連隊の番号と菊水紋を継承した第37普通科連隊が誕生した。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
陸上自衛隊の空挺部隊。攻め込んできた敵部隊の後方に輸送機から落下傘降下し、反撃するのが主務。他国軍の空挺兵同様、「精鋭無比」である。
有事に対応する為に極めて厳しい訓練を受けており、幅広い技術の習得の他、炎天下の中完全装備で20km走をしたり、極限のサバイバル訓練などを行っている。
災害派遣や国際平和協力活動も行っており、日本航空123便墜落事故や東日本大震災など様々な現場に出動した。帝国陸軍落下傘部隊の伝統を継承している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
ソマリア沖・アデン湾で活動する海賊から、海運を担う民間船舶を護衛する為にアフリカのジブチ共和国に設けられた、戦後日本としては初の海外軍事拠点である。
海賊対処活動には海上自衛隊、陸上自衛隊、航空自衛隊、海上保安庁が関わっているが、その内、海自の航空隊、陸自の基地警護部隊などが駐留している。
海洋侵出を進める中国軍のジブチ基地開設への対応や、アフリカ・中東での邦人保護などの為に自衛隊ジブチ基地は拡充される予定となっている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
海上自衛隊で1998年から運用されているドック型揚陸艦。同型艦は全3隻。エアクッション揚陸艇を2隻搭載しており、これを用いて陸上部隊を目的地に上陸
させ、離島奪還作戦などを行う。陸自隊員330名とその装備品(1個普通科中隊戦闘群)を搭載可能。民間人なら約千名を収容・保護でき、医療設備も充実。
全通甲板を備え空母に似た外観だが、艦橋より後ろのスペースでヘリが発着できるだけであり、ヘリの整備能力も無いので空母とは別物である。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
航空自衛隊の実戦部隊全体を指揮する高級司令部。警戒管制レーダーや早期警戒管制機によって日本周辺を常時警戒監視し、領空侵犯の恐れがある航空機を発見した
場合には、戦闘機を緊急発進させ、我が国の領空を守る。また、PAC-3による弾道ミサイル迎撃も担う他、航空機事故の際の救難活動や、災害救援活動も行う。
海自の「自衛艦隊」や陸自に創設予定の「陸上総隊」に相当する組織で、陸海自衛隊や米軍と連携する為の組織としても機能する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
大日本帝国陸軍の小銃(ボルトアクションライフル)。高性能ながらも大陸の厳しい気候により不具合が頻発した三十年式歩兵銃を改良して開発された。
不具合を予防するために防塵用の遊底覆(カバー)が付加された他、部品点数の削減による合理化、使用弾薬の変更などの改良が行われた。
明治時代後期から第二次大戦期まで活躍し派生型も多数生まれた。一部は警察予備隊(陸自の前身)でも使用された。競技用・狩猟用などとしても現存。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
アフリカ大陸・アラビア半島付近のソマリア沖やアデン湾で活動する海賊から、国際海運を担う船舶などを護衛する為の自衛隊海外派遣である。
当該海域は年間約1,600隻の日本関連船舶が通る重要な海上交通路である。海自護衛艦が船舶を護衛し、P-3C哨戒機が空から監視を行う。
陸自が自衛隊ジブチ基地の警備と管理を担当し、空自が人員・物資の輸送を担う。また、海賊の逮捕手続きを担当する海上保安官も護衛艦に同乗する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
アメリカで1950年代に開発された自走砲。日本国陸上自衛隊でもM110A2を導入し運用している。陸自最大の火砲で高い威力を誇る。
射撃に13名が必要だが、同自走砲に乗れるのは5名だけで、弾薬も2発しか載せられないので、砲側弾薬車が残りの8名と多数の弾薬を載せて随伴する。
アメリカでは退役済みであり、日本でも火砲の定数が400門まで削減されたため、同自走砲も削減されると考えられている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
ソビエト連邦(現・ロシア)の主力戦車。1970年代に運用が始まった。ソ連以外にワルシャワ条約機構加盟の東欧諸国で導入された他、
イラン、イラク、シリアなどのアラブ諸国などにも輸出された。西側陣営の主力戦車に劣らぬ攻撃力を持ち、軽量な初期型は最高時速110kmを記録した。
この脅威に対抗するため、日本は90式戦車を開発し、北海道の陸自部隊に配備する事となった。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
陸上自衛隊第5旅団隷下で北海道釧路町に駐屯する普通科(歩兵)連隊。連隊本部、本部管理中隊、3個普通科中隊から構成される。
有事への備えや抑止力として国防に貢献するのはもちろんの事、災害派遣や市町村と連携した防災訓練、地域行事の支援など様々な分野で活躍している。
旭川に駐屯していた陸軍歩兵第27連隊を始めとする先人たちの伝統を受け継ぐ部隊である。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
帝国陸軍、陸上自衛隊、日本警察の行進曲。お雇い外国人として来日したフランス軍の軍楽教官シャルル・ルルーが1886年に作曲した。
ルルーが、自身の作曲した「抜刀隊」と「扶桑歌」を組み合わせて「陸軍分列行進曲」を作り上げた。
勇壮な曲調の行進曲である。陸自や警察の観閲式などで演奏される。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
スポンサードリンク
陸自に一致するリクエスト用語
トップユーザー
326481pt
23510pt
16190pt
15039pt
14597pt
10983pt
10321pt
10141pt
10118pt
Ba
9396pt
m
8440pt
8251pt