自衛隊の検索結果2ページ
自衛隊に一致する投稿を秀逸順に表示しています。
スポンサードリンク
日本の国防組織。1954年発足。1950年に誕生した警察予備隊の後身。事実上の陸軍。帝国陸軍のノウハウや伝統を継承している。
近年は、機動展開できる部隊の整備や、島嶼奪還、対テロ戦、海空自衛隊との連携、国際貢献などの能力を整備している。
日本は島国なので海空自衛隊に比べ予算面で冷遇されがちだが、災害時にも頼れる、非常に大切な最後の砦である。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
1872年から1945年まで存在した日本の海軍。不脅威・不侵略を基本方針としたが、戦闘が始まれば「見敵必殺」であった。
全盛期にはアメリカ合衆国海軍、イギリス王立海軍に次ぐ世界三大海軍の一つとして数えられた。
第二次大戦後、米海軍の協力の下、帝国海軍出身者が海上自衛隊を築き上げた事から、海自は帝国海軍の伝統を色濃く受け継いでいる。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
「きゅうまるしきせんしゃ」と読む。日本国陸上自衛隊の主力戦車。1990年に運用開始。ソ連戦車「T-72」の脅威に対応するために開発された。
全長9.80m、重量約50t、主砲は44口径120mm滑腔砲。高度なセンサーとコンピューターにより、自分や相手が動いていても高精度な射撃が可能。
複合装甲により防護力向上と軽量化を実現。第3世代戦車の中でも高い性能を持つとされる。西側陣営初の自動装填装置を導入、装填手を削減して3人で運用可能に。
スコア:60%
(Posted by Nameless)
民間国際交流団体を名乗る「ピースボート」の旅客船が、2009年と2016年にソマリア沖・アデン湾を航行する際に、海上自衛隊の護衛艦による護衛を受けた
事案である。ピースボートは海賊対処の為の海自海外派遣に反対していたが、海自に守ってもらう事となった。ピースボートは他にも、北方領土の国後島をロシア領と
認めるかのような行動をとる、北朝鮮に渡航する等の問題行動を繰り返している他、船の整備不良や、乗客による大麻密輸などの事件も起きている。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
日本の国防組織。1954年発足。旧帝国海軍掃海部隊と海上警備隊の後身。事実上の海軍。
対潜水艦戦闘能力、機雷掃海能力、通常動力型潜水艦の性能などは世界屈指の水準にある。
帝国海軍の技術、ノウハウ、伝統を色濃く受け継ぐ。海軍カレー(海自カレー)がおいしいと評判。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
大日本帝国陸軍の部隊。終戦後の1945年8月18日、日ソ中立条約を一方的に破棄したソ連軍が、当時日本領の占守島に不法侵攻した。
これに応戦しソ連による北海道奪取の野望を打ち砕いたのが帝国陸軍の戦車第11連隊であった。大勢の日本兵が亡くなったが、ソ連軍にそれ以上の大打撃を与えた。
陸上自衛隊の第11戦車大隊は、戦車第11連隊の戦いを顕彰し、その「士魂」と伝統を継承している。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
2016年から施行された平和安全法制の事。戦争を未然に防ぐ抑止力を高める為、日本国自身が隙間のない防衛体制を構築しつつ、日米安保体制を強化する事を目的
としている他、国際平和への貢献も目的とする。在外邦人等の保護措置や、船舶検査活動、日本を攻撃する軍隊に対する海上輸送の規制、日本防衛の為に行動する米軍
部隊等への支援、国連・NGO職員等を武装勢力から守る駆けつけ警護、邦人輸送中の米艦防護等日本防衛の範囲内での集団的自衛権限定行使等が盛り込まれている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
自衛官が現場で負傷した際に使う応急処置用品。比較的充実した海外用でも中身は包帯、止血帯、人工呼吸シート、チェストシール(胸部開放創処置用)ぐらいのもの
で、国内用は更に貧弱で問題視されている。自衛官用の装備でありながら銃創にすら対応できない。米軍は負傷兵の生命・手足・視力の維持を追求しており眼球保護具
や、気道確保器具、消毒パッド、静脈路確保用留置針などを個人装備として備える。一方の日本は装備や部隊編成など衛生能力全般の軽視が問題となっている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
大日本帝国陸軍の連隊の一つ。青森県に駐屯していた。西南戦争、日清戦争、日露戦争、シベリア出兵、満州事変、日中戦争・太平洋戦争(大東亜戦争)など
日本が経験した主要な戦いの殆どに参加した。アジア侵出を企むロシアに対処する為の冬季訓練中に発生した、1902年の八甲田雪中行軍遭難事件でも知られる。
連隊番号は陸自の第5普通科連隊に継承されており、同普通科連隊は毎年、能力向上と歩兵第5連隊の雪中行軍遭難者追悼を目的とした雪中行軍を実施している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
陸上自衛隊のエンブレム。2016年制定。国際平和協力活動などに於いて、軍隊同士が自国軍のエンブレム入りギフトを交換する国際儀礼に対応すべく制定された。
「日本国陸上自衛隊」と書かれた緑色の丸い枠の内側の上段に日の丸、下段に桜星(陸自の象徴)を配置し、左右には国鳥である雉の翼が描かれている(身の危険を
顧みずに国防にあたる自衛官をイメージ)。更にエンブレム中央には日本刀とその鞘を交差させた物が描かれている(強靭さと平和を愛する心を表現)。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
「ひとまるしきせんしゃ」と読む。日本国陸上自衛隊の主力戦車。全長9.42m、全幅3.24m、重量約44t、主砲は44口径120mm滑腔砲。
世界的にみても高性能とされた90式戦車以上の戦闘能力を保持しつつ、小型・軽量化したとされる。これにより、全国主要国道の橋の84%を通行可能とされる。
C4Iシステムを導入し、情報共有能力を向上、味方との連携が取りやすくなった。取り外し可能なモジュール装甲を導入、防護力強化や素早い交換修理が可能に。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本国陸上自衛隊の装輪装甲車。2016年調達開始。74式戦車と同等の大口径主砲を持ち、タイヤによって舗装路を高速・長距離移動する事ができる反面、
履帯(キャタピラー)を装備した戦車と比べると悪路走破性では劣り、重装甲を備える事も出来ない。味方歩兵に対する直接火力支援や、敵装甲戦闘車輛への対応など
を任務とする。本来、戦車とは特性や任務が異なる兵器であるが、防衛費の制約により配備数が縮小される戦車の代わりとして配備される見込みである。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
陸上自衛隊に創設予定の部隊。これまでの陸自では最上級部隊として5個の「方面隊」が並立しており、防衛大臣は5人の方面隊司令官それぞれに命令をしなければ
ならず、方面隊ごとの調整が必要で非効率的であるとされた。この問題を解決すべく、陸自全体を統括する陸上総隊の創設が検討される事となった。
海自の自衛艦隊や空自の航空総隊、米国の陸軍総軍に相当する組織となり、それらとの連携もしやすくなるとされるが、指揮部隊の肥大化などの問題も指摘される。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
航空自衛隊の曲芸(アクロバット)飛行隊の愛称。正式名称は第4航空団の「第11飛行隊」。1960年に「空中機動研究班」として発足した。
人々に空自を知ってもらう事などを目的としており、1964年東京五輪、1970年大阪万博、2002年W杯などを始めとする各種イベントで展示飛行を行う。
帝国海軍は1930年代から曲芸飛行を行い、「源田サーカス」の名で親しまれていたが、これに関わっていた源田実が働きかけた事でブルーインパルスが誕生した。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
大日本帝国海軍に由来するカレー。栄養不足が原因の脚気による病死者を減らす為、イギリス王立海軍を参考に、肉と野菜の両方が摂れて調理もしやすい
カレーが日本に導入された。材料の多くが肉じゃがと共通し、補給上の都合も良かった。海上勤務中に曜日感覚を維持する為、週に一度カレーを食べる習慣が
今の海上自衛隊でも続いている。海自のカレーイベントは人気が高く、会場に人が入りきらなかった事も。日本で一般に普及しているカレーの原点とも言われる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
「しのだやまちゅうとんち」と読む。日清戦争、日露戦争で勇名を馳せた陸軍野砲兵第四連隊の移駐に伴い、大正8年に大阪府和泉市に創設された。
第二次大戦敗戦後、同駐屯地は米軍に接収され、日米共同利用となった。昭和32年、駐屯地が日本に返還されると、地域住民による熱心な誘致活動が行われ、
陸上自衛隊の駐屯地となった。昭和37年の師団改編時、かつて大阪城に駐屯していた陸軍歩兵第三七連隊の番号と菊水紋を継承した第37普通科連隊が誕生した。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
陸上自衛隊の空挺部隊。攻め込んできた敵部隊の後方に輸送機から落下傘降下し、反撃するのが主務。他国軍の空挺兵同様、「精鋭無比」である。
有事に対応する為に極めて厳しい訓練を受けており、幅広い技術の習得の他、炎天下の中完全装備で20km走をしたり、極限のサバイバル訓練などを行っている。
災害派遣や国際平和協力活動も行っており、日本航空123便墜落事故や東日本大震災など様々な現場に出動した。帝国陸軍落下傘部隊の伝統を継承している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
明確な定義は無いが、自国近海のみならず世界の各海域で、洋上補給によって長期的に艦隊を展開し、作戦を遂行できる能力を持つ海軍の事とされる。
艦隊を広く展開して海上交通路防衛などができるアメリカ合衆国海軍、イギリス王立海軍、フランス海軍、日本国海上自衛隊が外洋海軍に該当するとされる。
中国人民解放軍海軍は攻撃型空母や駆逐艦、潜水艦などの増強、遠洋航行訓練や洋上補給能力強化などにより、地域海軍から外洋海軍への拡大を目論んでいる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
「ななよんしきせんしゃ」と読む。日本国陸上自衛隊の主力戦車。1974年運用開始。重量38t、主砲は51口径105mmライフル砲。第2.5世代戦車。
起伏の多い日本国土での運用を想定し、車体を前後左右に傾けられる姿勢制御機能を備える。敵の弾を受け流す避弾経始の構造が取り入れられている。
自動照準機能を世界で初めて実用化した戦車の一つ。長きにわたり我が国を守ってきたが、2010年制式採用の10式戦車へと置き換えられていく予定。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
ソマリア沖・アデン湾で活動する海賊から、海運を担う民間船舶を護衛する為にアフリカのジブチ共和国に設けられた、戦後日本としては初の海外軍事拠点である。
海賊対処活動には海上自衛隊、陸上自衛隊、航空自衛隊、海上保安庁が関わっているが、その内、海自の航空隊、陸自の基地警護部隊などが駐留している。
海洋侵出を進める中国軍のジブチ基地開設への対応や、アフリカ・中東での邦人保護などの為に自衛隊ジブチ基地は拡充される予定となっている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
スポンサードリンク
自衛隊に一致するリクエスト用語
トップユーザー
327204pt
23676pt
16190pt
15039pt
14597pt
10983pt
10443pt
10141pt
10118pt
Ba
9396pt
m
8531pt