クレヨンしんちゃんの検索結果1ページ
クレヨンしんちゃんに一致する投稿を新着順に表示しています。
スポンサードリンク
臼井儀人による漫画「クレヨンしんちゃん」第2巻に登場した料理。
その正体は、給食当番のしんのすけ達が、教室へ運ぶ途中でこぼしてしまった給食を洗って混ぜ合わせたものである。
この回では「前が見えねェ」という、これまたファンの間で有名なギャグが披露されている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
漫画「クレヨンしんちゃん」第2巻で見られる野原しんのすけのセリフ・顔芸である。
給食当番を務めたしんのすけは、給食のおばちゃんが「シチューは熱いから気をつけて運んでね」と言ったのを聞き、
おばちゃんの足を熱々のシチューの食缶に押し付けて温度を確かめた。その次のコマではしんのすけの顔がボコボコにされており「前が見えねェ」と発言している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
臼井義人原作の漫画・アニメ「クレヨンしんちゃん」の映画第8作。2000年4月22日公開。物語は、「アクション仮面」新作映画の船上試写会の参加者のうち、
大人が謎のサル軍団に連れ去られ、かすかべ防衛隊が救出の為に敵の本拠地に乗り込む所から始まる。クレしん映画の興行収入は下降傾向にあったが本作で
持ち直した為、縁起を担いで、以降の多くのクレしん映画作品の題名に「嵐を呼ぶ」「○○を呼ぶ」が付けられるようになったという。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
臼井義人原作の漫画・アニメ「クレヨンしんちゃん」の映画第10作。2002年4月20日に公開された。現代の日本で生活している主人公のしんのすけが
戦国時代へタイムスリップする所から物語が始まる。本作は時代考証に力が入れられており、戦国時代の生活風景や合戦の描写が正確であると評価されているという。
本作は前作「オトナ帝国の逆襲」と共に傑作と呼ばれる事も多く、「クレヨンしんちゃん」全体の評価をも高めた作品ともいえる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
臼井儀人による日本の漫画作品。1990年から双葉社の漫画雑誌で連載。埼玉県春日部市を舞台とし、主人公の幼稚園児「野原しんのすけ」やその周囲の人々の日常
を描いたギャグ漫画。アニメ版は子供向けになっているが、原作は大人向けであり性的表現やブラックユーモアも描かれた。後にそういった要素は薄まり、全年齢向け
に転換。末期にはシリアスな話が描かれる事もあった。2010年からは亡くなった作者に代わり元アシスタント達によって「新クレヨンしんちゃん」が連載中。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
臼井義人原作の漫画・アニメ「クレヨンしんちゃん」の映画第9作。2001年4月21日に公開された。
人々が「心」を持って生きていた「20世紀の日本」を再現しようとする秘密結社と、未来を生きようとするしんのすけ達の戦いを描いた作品。
笑いあり涙ありで、子供だけでなく付き添いの大人の心をも鷲掴みにした作品であり、クレしん映画の中でも特に高い人気を誇る。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
漫画「野原ひろし 昼メシの流儀」から生まれたネタ。同作はクレヨンしんちゃんのスピンオフとして始まったが、本家からかけ離れた作風や不気味な顔芸などにより
同作の主人公は野原ひろしを名乗っているが本当は「自分を野原ひろしだと思いこんでいる一般人」なのではないかという認識がネット上などで広まった。
漫画「ポプテピピック」でネタにされた。このネタを基に発展させた「自分を野原ひろしだと思いこんでいる精神異常者」というコラ画像もある。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
埼玉県春日部市を舞台とする漫画・アニメ作品「クレヨンしんちゃん」に登場するスーパーマーケット。イトーヨーカドー春日部店がモデルである。
本家のシンボルマークは鳩だがこちらはコウモリである。埼玉県、春日部市、東武鉄道による「クレヨンしんちゃん25周年記念企画」の一環として、
実在のイトーヨーカドー春日部店が、2017年4月9~16日の期間限定でサトーココノカドーへ衣替えして営業された。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
アニメ「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」の制作チームを絶縁させた最強のひみつ道具。1996年に放送された両作品のコラボ特番において、
しんのすけがタケコプターっぽい物体を尻に差し「あひぃ~こりゃ良いゾ~ドラえも~ん♡」と言うギャグを披露した。
これがドラえもん制作陣の怒りを買い、以後、両作品は共演しなくなってしまった。ドラえもん制作陣代替わり後の2010年からは再びコラボ企画を行っている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
pixivに投稿されているある作品群の事。「クレヨンしんちゃん」の野原ひろしと、謎の男性「僕」が一緒に描かれた絵である。
その作品群のほぼ全てが、ひろしと「僕」が体を密着させて絡んでいる様子を描いたものである。「野原ひろしの股間に寝る僕(全裸)」などという作品もある。
その闇の深さが注目を集め、2017年3月現在、ネット上で話題となっている。漫画「ポプテピピック」でも「僕」をパロディ化した人物が登場した。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
『クレヨンしんちゃん』の登場人物。しんちゃんの最愛の女性。二十歳の大学生。長い黒髪の美人。作家の娘である。
目にゴミが入ったところを助けてくれたななこに、しんちゃんは一目惚れ。美しいだけでなく優しいななこはしんちゃんの憧れのマドンナ。
他のお姉さんは口説きまくるのに、ななこの前ではそんな事は一切できず、いい子に見られたくて必死なしんちゃんが可愛い。
スコア:66%
(Posted by みゅう
『クレヨンしんちゃん』の登場人物。しんちゃんの友達で、同じ幼稚園に通う。金持ちのボンボンで自慢屋。
プライドが高く、しんちゃんを見下した言動も見られるが、いつもしんちゃんのペースに巻き込まれており、何だかんだ言ってかなわない。
文武両道。母親に溺愛されている。ヒーロー、ヒロインものの隠れファン。
スコア:66%
(Posted by みゅう
『クレヨンしんちゃん』の登場人物。しんちゃんが通う幼稚園のバラ組の担任。下の名はウメ。マツ、タケという姉がいる。
しんちゃん所属のひまわり組担任・吉永先生をライバル視しており、やたらからんでくる。一応美人だが、高飛車な性格が災いしモテない。
本当は子供思いで優しいのだが、素直じゃない。一度だけ両思いの彼ができたが、仕事で海外に行ってしまった。
スコア:75%
(Posted by みゅう
1993年から放送されたアニメ。原作は同名の漫画で、作者は臼井義人。映画化もされた大人気作。実は大人向けという気がします。
主人公は5歳の幼児しんのすけ。マセガキで女好き、おバカな言動も多いが、本当は純粋ないい子。超ポジティブな思考と幸運の持ち主。
しんちゃんの日常が主な内容だが、時折時代劇風など異世界の話もある。しんちゃんの口調やお下品なネタを真似する子供がおり、問題になった事も。
スコア:80%
(Posted by みゅう
漫画・アニメ『クレヨンしんちゃん』に登場する女性で、しんちゃんの最愛のマドンナ。二十歳の女子大生。
目にゴミが入ったしんちゃんをななこが助けてくれたのが出会い。美人な上に優しいななこにしんちゃんのハートはズキュン。
おねえさんに目がないしんちゃんだが、ななこだけは特別で、ななこの前ではいい子になろうと必死。決してななこを口説かず、純粋に胸をときめかせるしんちゃんが
スコア:50%
(Posted by Nameless)
スポンサードリンク
クレヨンしんちゃんに一致するリクエスト用語
トップユーザー
326481pt
23510pt
16190pt
15039pt
14597pt
10983pt
10321pt
10141pt
10118pt
Ba
9396pt
m
8440pt
8251pt