自衛隊の検索結果1ページ
自衛隊に一致する投稿を新着順に表示しています。
スポンサードリンク
自衛官が現場で負傷した際に使う応急処置用品。比較的充実した海外用でも中身は包帯、止血帯、人工呼吸シート、チェストシール(胸部開放創処置用)ぐらいのもの
で、国内用は更に貧弱で問題視されている。自衛官用の装備でありながら銃創にすら対応できない。米軍は負傷兵の生命・手足・視力の維持を追求しており眼球保護具
や、気道確保器具、消毒パッド、静脈路確保用留置針などを個人装備として備える。一方の日本は装備や部隊編成など衛生能力全般の軽視が問題となっている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本国航空自衛隊のF-15J戦闘機の一種。日本が保有する約200機のF-15Jのうちの約半数を占めるが、旧式機である上に近代化改装が困難であるという
問題を抱えている。飛行性能自体は、後期生産型を近代化改装した「F-15MJ」と同じであるが、肝心の電子機器の性能が「ファミコン並み」に低く、
1970年代から性能が殆ど向上しておらず、現代の戦闘機を相手に戦うのは非常に厳しいとされる。電子機器の性能の低さ故、新型ミサイルの運用も困難である。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
日本初の国産の超音速空対艦ミサイル。2018年1月に防衛省が開発完了を発表し、2019年度から量産を開始する。海洋侵出を進める中国などへの対応策として
航空自衛隊のF-2戦闘機に搭載し、島嶼防衛能力を強化する。射程は従来のミサイルと同程度の百数十kmだが、新型のジェットエンジンにより速度はマッハ3以上
に向上し、迎撃されにくくなった。世界的にミサイルの高速化・長射程化が加速しており、日本も抑止力強化を迫られている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
石川県小松市にある飛行場。航空自衛隊小松基地と民間航空が滑走路を共用する軍民共用飛行場。「小松空港」という通称もある。
防衛省が施設を管理し、航空自衛隊が航空交通管制を担当。日本海側で唯一、戦闘機部隊が所在する重要な防衛拠点。
1943年に帝国海軍の舞鶴鎮守府の飛行場として建設開始。1958年に空自小松分遣隊を配置、1961年に空自小松基地として開設された。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
海上自衛隊の幹部自衛官を養成する教育機関。広島県の江田島に所在。かつて同様の役割を担っていた海軍兵学校の施設を受け継いで使用している。
帝国海軍時代からの伝統が継承されており、同期同士の連携を大切にする観点から防衛大学校出身者と一般大学出身者の混合教育が行われている。
自衛隊の中でも特に規律が厳しい機関であるとされている。1972年からはアメリカ海軍の連絡官が派遣されている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
大日本帝国海軍の将校たる士官を養成する教育機関。広島県の江田島に所在。海軍機関学校、海軍経理学校と共に帝国海軍の生徒三校と呼ばれた。
規模では英国の王立海軍兵学校、米国の合衆国海軍兵学校と並び、世界三大兵学校と呼ばれた。兵学校の同期(クラス)同士の絆はとても強く、誰かが戦死した場合、
生き残った同級生が戦死者の遺族の面倒を見る程であった。現在でも江田島には海上自衛隊の幹部自衛官を養成する幹部候補生学校が置かれている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
防衛省・自衛隊が平成30年から建造する汎用護衛艦の艦級。「コンパクト護衛艦」「DEX」などとも呼ばれる。数で勝る中国軍に対抗して島嶼部を守る為、
日本は建造費を抑えた小型護衛艦を年間2隻ずつ建造する方針を固めた。各造船メーカーに仕事を振り分け、護衛艦の建造基盤を維持する。
やや軽武装ながら汎用護衛艦に必要な対潜・対艦・対空戦闘能力やヘリ運用能力を持ち、掃海艦艇の削減分を補う対機雷戦能力も持つ見通し。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
軍隊に属する音楽隊。元々は大きな音で命令を伝達する為の部隊であったが、第一次大戦以降の戦闘教義の変化や無線通信の普及で伝達の役割は無くなった。
一方、現在でも国家的行事での儀典用音楽演奏や、将兵の士気高揚、観兵式などの際に歩調を合わせる為の行進曲演奏などの任務を担っている。
行進曲や軍歌の演奏が主体だが、軍隊と国民の懸け橋となる役割も持っており、自衛隊の音楽隊はドラマやアニメなどで話題になった曲の演奏なども行う。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
国際連合平和維持活動の一つで、中東の「ゴラン高原におけるイスラエル・シリア間の停戦監視及び両軍の兵力引き離しに関する履行状況の監視」を主任務とする。
1974年から活動が始まり、2010年6月末時点では、オーストリア、クロアチア、フィリピンの歩兵大隊とそれらを支援する日本、インドの後方支援大隊が
活動していた。シリア内乱の激化による情勢悪化を受け、日本国自衛隊は2013年に撤収、同年オーストリア軍も撤収を決定した。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県宇都宮市に所在する陸上自衛隊の駐屯地。昭和25(1950)年に関東工業株式会社の軍需工場跡地に創設された。
中央即応連隊(普通科=歩兵)、第12特科隊(砲兵)、第307施設隊(工兵)などが駐屯している。第12特科隊長が駐屯地指令を兼ねている。
中央即応連隊は災害やテロ・ゲリラ攻撃などの有事の際の緊急展開部隊である。また、国際平和協力活動に於ける先遣部隊としても活躍する。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
航空自衛隊が中心となって実施する観兵式(軍事パレード)。陸自中央観閲式や海自の自衛隊観艦式と持ち回りで3年に一度、自衛隊記念日の時期に開催される。
総理大臣の観閲を受ける事で「自衛隊員の使命の自覚及び士気の高揚を図るとともに、防衛力の主力を展示し、自衛隊に対する国民の理解と信頼を深める」事が目的。
航空自衛隊機を中心に陸海空自衛隊の各部隊が参加する。観閲飛行の他、徒歩行進や各種装備の地上走行なども行われる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
海上自衛隊が中心となって実施する観艦式(軍事パレード)。陸自中央観閲式や空自航空観閲式との持ち回りで3年に一度開催される。
日本の観艦式の歴史は、帝国海軍時代の明治元(1868)年から始まっており、敗戦や石油危機などの紆余曲折はあったが、現在も海自が継続している。
観閲艦艇と受閲艦艇の航行だけでなく、艦艇の一般公開や音楽隊による演奏、体験航海なども行われる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
3年に一度、自衛隊記念日(11月1日)の時期に陸上自衛隊が中心となって行われる日本最大規模の観兵式(軍事パレード)。
海自が中心の自衛隊観艦式や空自が中心の航空観閲式と持ち回りで行われる為、3年に一度である。隊員の士気高揚や、自衛隊に対する国民の理解・信頼を深める事を
目的としている。陸自を中心とした陸海空自衛隊各部隊の勇姿を見る事ができる。中央観閲式の公式動画はYouTubeで視聴可能。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本国陸上自衛隊の装輪装甲車。2016年調達開始。74式戦車と同等の大口径主砲を持ち、タイヤによって舗装路を高速・長距離移動する事ができる反面、
履帯(キャタピラー)を装備した戦車と比べると悪路走破性では劣り、重装甲を備える事も出来ない。味方歩兵に対する直接火力支援や、敵装甲戦闘車輛への対応など
を任務とする。本来、戦車とは特性や任務が異なる兵器であるが、防衛費の制約により配備数が縮小される戦車の代わりとして配備される見込みである。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
陸上自衛隊のエンブレム。2016年制定。国際平和協力活動などに於いて、軍隊同士が自国軍のエンブレム入りギフトを交換する国際儀礼に対応すべく制定された。
「日本国陸上自衛隊」と書かれた緑色の丸い枠の内側の上段に日の丸、下段に桜星(陸自の象徴)を配置し、左右には国鳥である雉の翼が描かれている(身の危険を
顧みずに国防にあたる自衛官をイメージ)。更にエンブレム中央には日本刀とその鞘を交差させた物が描かれている(強靭さと平和を愛する心を表現)。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
一般的な軍隊は、「やってはいけない事」を定め、それ以外の行動は可能とする「ネガティブリスト方式」の制度で統制されている。
一方で日本の自衛隊は、あらかじめ定められた「やって良い事」以外の行動ができない「ポジティブリスト方式」の制度で統制されている。
ポジティブリスト方式は想定外の事態への対応が難しいという問題点がある為、自衛隊法をネガティブリスト方式に転換すべきとの議論もみられる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
航空自衛隊の曲芸(アクロバット)飛行隊の愛称。正式名称は第4航空団の「第11飛行隊」。1960年に「空中機動研究班」として発足した。
人々に空自を知ってもらう事などを目的としており、1964年東京五輪、1970年大阪万博、2002年W杯などを始めとする各種イベントで展示飛行を行う。
帝国海軍は1930年代から曲芸飛行を行い、「源田サーカス」の名で親しまれていたが、これに関わっていた源田実が働きかけた事でブルーインパルスが誕生した。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
静岡県浜松市に所在する航空自衛隊の基地。1926(大正15)年に陸軍飛行第7連隊が当時の東京府立川町から浜松に移駐し基地の歴史が始まった。
1933年には爆撃の研究を行う浜松陸軍飛行学校が設立された。第二次大戦後は保安隊(現・陸自)航空学校が設置され、空自発足後はパイロットや整備員等を
教育する部隊が置かれ、空自の発祥地・教育の中心地としての地位にある。また、ブルーインパルス(空中機動研究班)発祥の地でもある。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
防衛省の平成30年度概算要求に「高速滑空弾の要素技術の研究」予算が盛り込まれた。島嶼部に上陸する敵部隊を迅速に無力化する為の兵器として計画されている。
高速滑空弾は、ロケットモーターで打ち上げられて高高度を超音速で滑空し、GPSや慣性航法システム等により目標に正確に到達し、侵攻してきた敵を攻撃する。
命中精度は高いものの弾速の遅い「巡航ミサイル」に比べ、高速滑空弾は迅速性や残存性(迎撃されにくい)の面で優位性があるという。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
航空自衛隊の実戦部隊全体を指揮する高級司令部。警戒管制レーダーや早期警戒管制機によって日本周辺を常時警戒監視し、領空侵犯の恐れがある航空機を発見した
場合には、戦闘機を緊急発進させ、我が国の領空を守る。また、PAC-3による弾道ミサイル迎撃も担う他、航空機事故の際の救難活動や、災害救援活動も行う。
海自の「自衛艦隊」や陸自に創設予定の「陸上総隊」に相当する組織で、陸海自衛隊や米軍と連携する為の組織としても機能する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
スポンサードリンク
自衛隊に一致するリクエスト用語
トップユーザー
327204pt
23676pt
16190pt
15039pt
14597pt
10983pt
10443pt
10141pt
10118pt
Ba
9396pt
m
8531pt