栃木県の検索結果1ページ
栃木県に一致する投稿を注目順に表示しています。
スポンサードリンク
栃木県北部の那須山麓にある地域。満蒙開拓団だった人々が第二次大戦終結後に開墾した酪農地である。1930年代、昭和恐慌による日本の農村の困窮に対応すべく
満州への移民政策が実施された。しかし、日ソ中立条約を破って満州に侵攻したソ連軍に追われ、日本人約25万人が亡くなった(うち約8万人が開拓団とされる)。
その中で何とか帰国した「千振開拓団」の人々が、終戦直後で食糧難の日本で生きていく為に開拓したのが千振地区であった。今では日本有数の酪農地となっている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県下野市に所在し、かんぴょうの共同販売などの事業を行う協同組合。全国生産量の98%を占める栃木県産かんぴょうをPRしている。
同協会の公式サイトには、かんぴょうを使った料理のレシピが多数掲載されている。栃木県の食や農業に関するイベントなどにも協力している。
とちぎテレビのかんぴょうにちなんだご当地キャラクターである「瓜田瑠梨」(まろに☆え~る)と連携している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県塩谷郡藤原町(現・日光市)の新高徳駅と同県矢板市の矢板駅を結んでいた鉄道路線。高原山麓の木材や鉱物資源を運ぶ為1924年に下野電気鉄道によって
開発された。太平洋戦争開戦後の1943年に陸上交通事業調整法に基づき、矢板線は東武鉄道に買収された。その後、東武鬼怒川線は東京の浅草駅と直通した
のに対し、矢板線はメインルートから外れ、1959年に廃止された。沿線の塩谷町救済の為、代行バスが運行されるも採算性の低さから撤退と復活を繰り返している
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県宇都宮市に所在する市立の都市公園。旧称は御本丸公園。災害時避難場所・防災公園に指定されている。
平安時代に築かれ、関東七名城の一つに数えられている宇都宮城の跡地である。宇都宮城の建物は明治初期の戊辰戦争で焼失し、第二次大戦後の都市開発で遺構が
ほとんど無くなったが、平成初期に資料館が作られた。その後、市民の要望もあり、堀や土塀、建物などが復元され、2007年3月に改装開園した。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
首都圏整備法では、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県の関東1都6県に山梨県を加えた地域区分である。
東京だけでは担いきれない首都機能を首都圏全体で補完するとされる。
東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県を首都圏と呼ぶ場合も少なくないが、この南関東1都3県の事は「東京圏」「東京都市圏」とも呼ぶ。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
野菜が多めの具が特徴とされる。焼き餃子、水餃子、揚げ餃子などの種類があり、店舗によって大きさ、素材、つけだれなども異なり、色々な種類を楽しめる。
栃木県宇都宮市は餃子の一世帯当たりの年間購入額で何度も日本一に輝いているが、静岡県浜松市が強力なライバルとして立ちはだかり競い合いとなっていた。
しかし総務省の調査による餃子消費量は、冷凍食品や外食を含まず実態と乖離している事から、宇都宮餃子会は量より質での勝負に転換する方針だという。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
栃木県真岡市に本社を置く食品メーカー。1960年に東京都中央区で創業。2011年10月からは丸大食品グループに属している。東日本と中部地方が主な商圏。
主力の「マルシンハンバーグ」は、油をひかずにフライパン調理ができる他、電子レンジ加熱でも食べられる事が特徴。
他にはミートボールやフィッシュソーセージ、宇都宮餃子会監修のギョウザ等を販売する。公式サイトにて製品を使った様々なレシピを公開している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県塩谷地域(矢板市、塩谷町、高根沢町など)や大田原市、宇都宮市北部、真岡市、上三川町などで秋に行われる豊作祈願の行事である。
子供達が近所を練り歩いて、藁(わら)を束ねて作った「ぼうじぼ」や「藁鉄砲」などと呼ばれる物で地面を叩く儀式を行い、各家庭でお小遣いやお菓子をもらう。
元々は地面を叩いて農作物にとって有害なモグラや虫を追い払い、蕎麦(そば)の豊作を祈った行事であったという。現在は地域の育成会・子供会が主催している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
毎年1月10日。干瓢(かんぴょう)の「干」の字が「一」と「十」から成り立っている事に由来。
日本国内のかんぴょう生産量の98%を占める栃木県が制定した記念日である。
栃木県の関東ローム層はかんぴょうの素になるユウガオの生育に適した土壌である為、かんぴょう生産量が多いとされる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県南部に位置する市。人口は2017年時点で約6万人。市の名前は栃木県の旧律令国名「下野(しもつけ)」に由来する。
農業では、かんぴょうの生産量日本一を誇る。他にはウコン、ほうれん草、玉ねぎ等を生産。工業面では、ソニー、アサヒビール、丸大ハム等の工場が集積する。
「道の駅しもつけ」は全国5位の売り上げを記録した事がある。市のPRの為に2018年1月にご当地アニメ「サクラノチカイ」を放送・BD販売する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県那須町の那須湯本温泉付近にある溶岩。この石の近くで生物を死に至らしめる有毒ガスが噴出している事からか、かつて次のような伝説が生まれた。
平安時代末期、インド・中国を荒らした妖怪・九尾の狐が日本に渡来し、絶世の美女「玉藻の前」に化けて鳥羽上皇の寵愛を受けた。玉藻の前は上皇の命を奪い日本を
滅ぼそうとしたが正体を見破られ那須野が原へ逃亡。その後派遣された討伐隊によって九尾は退治されるも、石に変化して毒を放ち近付く生物を殺し続けたという。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
栃木県のJR宇都宮駅西口にある石像。1994年に、宇都宮市とテレビ東京の番組「おまかせ!山田商会」がタイアップした町おこし企画により製作された。
元々は駅東口側にあったが、東口の再開発に伴う2008年の移転の際、クレーンで釣り上げる作業中の事故で真っ二つに割れてしまった。その後修復し西口へ移動。
しかし場所が分かりにくいという事で2014年に西口ペデストリアンデッキに再移転。この時は一度、像を逆向きに設置してしまったが無事に移転完了したという。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
栃木県南西部に位置する市。2017年10月時点の人口は15万人弱。室町時代から戦国時代にかけて関東地方の最高学府であった「足利学校」などで知られる。
栃木県佐野市、群馬県桐生市・太田市・館林市などと共に両毛地域を形成し、県境を越えた深い結び付きがある。
あしかがフラワーパークでは春に開花する藤の花が人気である他、冬も「日本三大イルミネーション」に指定された電飾が見所となっている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
一葵さやか氏による日本の漫画作品。企画はとちぎテレビ。栃木県の名産品等をより広く知ってもらう為に活動するご当地アイドルの日常を描いたコメディ作品。
「とちテレアニメ専用サイト」にて毎月1日にボイスコミックが無料公開されている。2017年11月に単行本が発売された。
下野市とのタイアップで「サクラノチカイ」としてアニメ化され、2018年1月10日にとちテレで放送予定の他、BDが下野市観光協会で発売予定。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県宇都宮市から芳賀町にかけて整備される予定の次世代型路面電車(LRT:軽量軌道交通)。宇都宮は県都であると共に、日本最大級の内陸型工業団地を擁し、
自動車の渋滞が深刻であった。この問題を解決しつつ、東西方向の交通を強化して地域住民の利便性を向上させるべく計画された。路線バスや予約型乗合タクシー、
自家用車などとの円滑な乗換を目指す。ピーク時には6分間隔、オフピーク時でも10分間隔で運行する予定。車体色は「雷都」をイメージした黄色。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本の漫画家。栃木県出身。平成29年8月に日光観光大使に就任。
「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」、「コスちゅ!」、「ススメ!栃木部」、「まろに☆え〜る」を執筆。
「ススメ!栃木部」と「まろに☆えーる」はいわゆるご当地マンガであり、とちぎテレビなどと連携しながら地元を盛り上げる為、尽力している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
平成30年1月5日、栃木県鹿沼市に開業した飲食店。東日本大震災の被災地である岩手県など三陸地域の復興支援を目的とし、同地域の海産物を提供する。
この活動は栃木県のリサイクル業者・(有)飛行船によるもので、同社はこれまでも被災地への物資輸送や、三陸の特産物の栃木県での販売などの支援を続けてきた。
「復興食堂」の名は岩手県大槌町で平成23~25年に運営されていた店舗から継承したもので、飛行船社は大槌町での食堂再開を支援する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
栃木県宇都宮市に所在する神社。歴史の長い神社で、第10代崇神天皇の御代(西暦紀元前97~30年:皇紀564~631年)まで遡る事ができるという。
何度も火災に遭っている。現存の社記によれば、仁徳天皇41(西暦353)年に下野国国造に任命された奈良別王(ならわけのきみ)が曾祖父を祀ったのが始まり。
過去には藤原秀郷や源頼朝、徳川家康などが戦勝祈願に訪れた事もあるという。ご利益は家内安全、厄除け、交通安全。例大祭は10月21日。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
栃木県の「那須野が原」に飲料・農業用水を供給する疎水(そすい、水路)である。本幹部はわずか5か月の工事で1885年に完成した。日本三大疎水の一つ。
那須野が原の地質は砂礫層となっており、水が地下深くに浸透してしまって、大雨の時以外は地表を流れず、住民は水不足に苦しんでいた。
矢板武(現・矢板市出身)、印南丈作(現・日光市出身)などの地元有志が携わった。現在の那須野が原は、県内有数の酪農・農業地域である。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
栃木県下野市が知名度向上などを目的に制作しているアニメ作品。平成30年1月10日(かんぴょうの日)に「とちぎテレビ」で放送予定の他、下野市観光協会にて
BDが限定販売されるという。物語は、大宝律令制定などで活躍した歴史上の人物・下野古麻呂が現代の下野市に現れ、とちテレのご当地アイドルキャラクター
「まろに☆えーる」と共に人探しをする内容だという。まろに☆えーるの一員である「瓜田瑠璃」は下野市の観光大使に任命されている。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
スポンサードリンク
栃木県に一致するリクエスト用語
トップユーザー
327204pt
23676pt
16190pt
15039pt
14597pt
10983pt
10443pt
10141pt
10118pt
Ba
9396pt
m
8531pt