自衛隊の検索結果1ページ
自衛隊に一致する投稿を注目順に表示しています。
スポンサードリンク
防衛省・自衛隊が平成30年から建造する汎用護衛艦の艦級。「コンパクト護衛艦」「DEX」などとも呼ばれる。数で勝る中国軍に対抗して島嶼部を守る為、
日本は建造費を抑えた小型護衛艦を年間2隻ずつ建造する方針を固めた。各造船メーカーに仕事を振り分け、護衛艦の建造基盤を維持する。
やや軽武装ながら汎用護衛艦に必要な対潜・対艦・対空戦闘能力やヘリ運用能力を持ち、掃海艦艇の削減分を補う対機雷戦能力も持つ見通し。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
平成16~18年、イラク復興支援の為に派遣された陸上自衛隊部隊の活動記録。平成30年4月16日、防衛省により公開された。
活動内容や作業の進捗状況、人員・装備の状況や現地の治安状況などが記されている。報告書の末尾にある日誌には、自衛官と現地の人々や他国軍将兵との交流や
日常の様子が記されており、ネット上で「ほのぼのとしている」「読み物として面白い」「出版して欲しい」と注目を集めている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本国海上自衛隊の護衛艦の艦級。2015年から建造中。2018年3月から就役予定。同型艦は全2隻建造予定の模様。
将来発展性を確保しつつ、安く建造できる事を重視して設計された。対空戦重視の「あきづき型」とは対照的に潜水艦探知能力を向上させている。
ガスタービンエンジンに電気推進システムを組み合わせ、燃費向上を実現した。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
1872年から1945年まで存在した日本の海軍。不脅威・不侵略を基本方針としたが、戦闘が始まれば「見敵必殺」であった。
全盛期にはアメリカ合衆国海軍、イギリス王立海軍に次ぐ世界三大海軍の一つとして数えられた。
第二次大戦後、米海軍の協力の下、帝国海軍出身者が海上自衛隊を築き上げた事から、海自は帝国海軍の伝統を色濃く受け継いでいる。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
自衛艦の区分の一つ。駆逐艦(DD)に相当する。
対潜水艦戦闘を第一義とし、対水上艦戦闘や個艦防空にも対応できる能力を持つ。
速射砲、短距離対空ミサイル、対艦ミサイル、対潜ロケット、短魚雷、対潜哨戒ヘリ1機などを搭載している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
航空自衛隊の捜索救難の中核を担う組織。航空救難団の隷下に10個の救難隊と4個のヘリコプター空輸隊があり、これらが全国に配置されている。
過酷な環境で活動する自衛隊の航空機墜落事故での救助の他、悪天候などで消防などが対応できない状況での急患輸送や山岳・海上での遭難者捜索・救助活動も行う。
過酷な状況で救助を行う為、救難員(メディック)は非常に優れた身体能力、精神力、知力を持ち、極めて厳しい空挺レンジャー訓練を修了している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
航空自衛隊の実戦部隊全体を指揮する高級司令部。警戒管制レーダーや早期警戒管制機によって日本周辺を常時警戒監視し、領空侵犯の恐れがある航空機を発見した
場合には、戦闘機を緊急発進させ、我が国の領空を守る。また、PAC-3による弾道ミサイル迎撃も担う他、航空機事故の際の救難活動や、災害救援活動も行う。
海自の「自衛艦隊」や陸自に創設予定の「陸上総隊」に相当する組織で、陸海自衛隊や米軍と連携する為の組織としても機能する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
自衛隊が航空機を用いて急病患者を救急搬送する任務の事。天候が悪く高性能ヘリが必要な場合や、ドクターヘリの航続距離では対応できない場合などに出動する。
ヘリコプター救急体制に不安のある沖縄県や離島地域などでは必要不可欠の存在となっている。都道府県知事からの要請により災害派遣として急患輸送が行われる。
年間400件ほど急患輸送が行われており、その多くは沖縄、鹿児島、長崎など離島の多い県であり、他には東京都や北海道などで自衛隊が急患輸送を行っている。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
大日本帝国陸軍(1871年創設)と大日本帝国海軍(1872年創設)から成る。空軍は無く、陸海軍がそれぞれ航空機を運用した。
日清戦争、日露戦争、第一次大戦などで勝利を収めるも、第二次大戦で敗北し解体された。帝国陸軍出身者が現在の陸上自衛隊を育て上げ、
帝国海軍は再編を経て海上自衛隊として国防を担っている。航空自衛隊は帝国陸海軍の航空関係者によって築き上げられた。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
海上自衛隊の護衛艦(水上戦闘艦)部隊。「護衛艦隊」は4個の「護衛隊群」から構成される。
1個護衛隊群は、8隻の護衛艦と8機の対潜哨戒ヘリから構成される(8艦8機体制・新八八艦隊)。艦艇は定期的に整備・修理を受ける必要があり、
長期間の整備が終わった後は、乗組員の再訓練が必要になる。護衛隊群が4個あれば、交代しながら整備・訓練をして隙を無くす事ができる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本国海上自衛隊のヘリ搭載護衛艦(DDH)の艦級。同型艦は「いずも」と「かが」の全2隻。全長248m、満載排水量約27,000t。
事実上の「ヘリ空母」で、多数の対潜哨戒ヘリを運用して敵潜水艦を探知・撃退するのが主な役目。ひゅうが型よりもヘリ運用・補助的能力に特化。
優れた指揮通信能力で陸海空自衛隊の連携を助ける他、輸送艦、補給艦、病院船的な機能も併せ持つ。「いずも」はアイス自販機を搭載した海自初の護衛艦である。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
静岡県浜松市に所在する航空自衛隊の基地。1926(大正15)年に陸軍飛行第7連隊が当時の東京府立川町から浜松に移駐し基地の歴史が始まった。
1933年には爆撃の研究を行う浜松陸軍飛行学校が設立された。第二次大戦後は保安隊(現・陸自)航空学校が設置され、空自発足後はパイロットや整備員等を
教育する部隊が置かれ、空自の発祥地・教育の中心地としての地位にある。また、ブルーインパルス(空中機動研究班)発祥の地でもある。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
「ひとまるしきせんしゃ」と読む。日本国陸上自衛隊の主力戦車。全長9.42m、全幅3.24m、重量約44t、主砲は44口径120mm滑腔砲。
世界的にみても高性能とされた90式戦車以上の戦闘能力を保持しつつ、小型・軽量化したとされる。これにより、全国主要国道の橋の84%を通行可能とされる。
C4Iシステムを導入し、情報共有能力を向上、味方との連携が取りやすくなった。取り外し可能なモジュール装甲を導入、防護力強化や素早い交換修理が可能に。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
イラン・イラク戦争中の1985年3月17日、イラク政府が「48時間の猶予期限以降にイラン上空を飛ぶ航空機を無差別攻撃する」と突如宣言。
イランに居る外国人は自国の航空会社や軍隊の航空機に救出されたが、日本は当時の法制度上、自衛隊の海外派遣ができず数百名もの邦人を救出できなかった。
結局、1890年の日本人によるエルトゥールル号救助への恩返しとして、トルコ政府がトルコ航空の旅客機を派遣し日本人を救助してくれた。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本の陸軍記念日は3月10日。日露戦争の中で1905年2月20日から3月10日にかけて行われた奉天会戦での大日本帝国陸軍の勝利を記念して制定された。
緒戦からギリギリ優勢を保っていた日本は、日本有利の内に講和を結ぶ為、奉天で増援を待つロシア軍に総力戦を挑んで勝利し、日露戦争全体の勝利へ貢献した。
軍歌「歩兵の本領」には「奉天戦の活動は 日本歩兵の粋と知れ」という歌詞がある。ちなみに自衛隊記念日は11月1日である。
スコア:80%
(Posted by Nameless)
日本国海上自衛隊のミサイル護衛艦(DDG)の艦級。同型艦は全4隻。1993年から導入された。全長161m、満載排水量9,485t。
イージス武器システムを搭載した「イージス艦」であり、優れた艦隊防空能力を持つ。改修され、弾道ミサイル迎撃能力も備える。
先代の金剛型戦艦同様、日本にとって革命的な性能を持つ戦闘艦である。本艦級の改良型である「あたご型」も存在する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
自衛官が現場で負傷した際に使う応急処置用品。比較的充実した海外用でも中身は包帯、止血帯、人工呼吸シート、チェストシール(胸部開放創処置用)ぐらいのもの
で、国内用は更に貧弱で問題視されている。自衛官用の装備でありながら銃創にすら対応できない。米軍は負傷兵の生命・手足・視力の維持を追求しており眼球保護具
や、気道確保器具、消毒パッド、静脈路確保用留置針などを個人装備として備える。一方の日本は装備や部隊編成など衛生能力全般の軽視が問題となっている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本初の国産の超音速空対艦ミサイル。2018年1月に防衛省が開発完了を発表し、2019年度から量産を開始する。海洋侵出を進める中国などへの対応策として
航空自衛隊のF-2戦闘機に搭載し、島嶼防衛能力を強化する。射程は従来のミサイルと同程度の百数十kmだが、新型のジェットエンジンにより速度はマッハ3以上
に向上し、迎撃されにくくなった。世界的にミサイルの高速化・長射程化が加速しており、日本も抑止力強化を迫られている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
防衛省の平成30年度概算要求に「高速滑空弾の要素技術の研究」予算が盛り込まれた。島嶼部に上陸する敵部隊を迅速に無力化する為の兵器として計画されている。
高速滑空弾は、ロケットモーターで打ち上げられて高高度を超音速で滑空し、GPSや慣性航法システム等により目標に正確に到達し、侵攻してきた敵を攻撃する。
命中精度は高いものの弾速の遅い「巡航ミサイル」に比べ、高速滑空弾は迅速性や残存性(迎撃されにくい)の面で優位性があるという。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
民間国際交流団体を名乗る「ピースボート」の旅客船が、2009年と2016年にソマリア沖・アデン湾を航行する際に、海上自衛隊の護衛艦による護衛を受けた
事案である。ピースボートは海賊対処の為の海自海外派遣に反対していたが、海自に守ってもらう事となった。ピースボートは他にも、北方領土の国後島をロシア領と
認めるかのような行動をとる、北朝鮮に渡航する等の問題行動を繰り返している他、船の整備不良や、乗客による大麻密輸などの事件も起きている。
スコア:75%
(Posted by Nameless)
スポンサードリンク
自衛隊に一致するリクエスト用語
トップユーザー
327840pt
23676pt
16190pt
15039pt
14807pt
12431pt
10983pt
10443pt
10141pt
Ba
9396pt
m
8531pt