軍事の検索結果1ページ
軍事に一致する投稿を注目順に表示しています。
スポンサードリンク
自衛官が現場で負傷した際に使う応急処置用品。比較的充実した海外用でも中身は包帯、止血帯、人工呼吸シート、チェストシール(胸部開放創処置用)ぐらいのもの
で、国内用は更に貧弱で問題視されている。自衛官用の装備でありながら銃創にすら対応できない。米軍は負傷兵の生命・手足・視力の維持を追求しており眼球保護具
や、気道確保器具、消毒パッド、静脈路確保用留置針などを個人装備として備える。一方の日本は装備や部隊編成など衛生能力全般の軽視が問題となっている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
アメリカ海軍の戦艦の艦級。全4隻。1943年から1992年まで運用され、世界で最後に退役した戦艦であった。全長270m、全幅33m、満載排水量
57,540tで、長さでは世界最大の大和型戦艦を上回る。パナマ運河を通過する為、細長い形状であった。16インチ(41cm)主砲を9門装備し、
戦艦としてはかなり速い最大速力35ノットを誇った。第二次大戦後も陸軍や海兵隊を支援する為の艦砲射撃要員として活躍した。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
アメリカ海軍の駆逐艦。イージスシステムを搭載したイージス艦である。元々はイージスシステムによって艦隊防空を担当する艦であったが、
トマホーク巡航ミサイルによる対地攻撃、多目的ヘリの運用、弾道ミサイル防衛など多機能化している。少しずつ改良されており、フライトⅠ、Ⅱ、ⅡA、Ⅲが存在。
2017年時点で70隻近く建造されており、タイコンデロガ級巡洋艦を含めると米国のイージス艦は約90隻である。保有数2位の日本(6隻)と比べても圧倒的。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
大日本帝国陸軍の揚陸艦。海軍ではなく「陸軍」の軍艦である。
陸上兵力を輸送し、艦に搭載している大発動艇で部隊を目的地に上陸させる能力を有していた。
また、全通飛行甲板を備え、上陸部隊支援の為の航空機運用も可能であった。強襲揚陸艦の先駆け的な存在である。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
f4
アメリカが開発した戦闘機。自衛隊も採用している。愛称は、「ファントム」
元は海軍の空母に載せる用の戦闘機。でも、性能がいいから空軍いろんなところで採用されて、大ヒット!
もうおじいちゃん。でも、自衛隊では今だに使用中、そろそろ休ませてあげようよ…何?後継機が絶賛炎上中?
スコア:50%
(Posted by らぷたぁ
誘導弾(ミサイル)の誘導方式に関する用語。発射されたミサイルが自分で目標を追尾できる能力の事。逆に言えば「撃ちっぱなし能力」の無いミサイルは、
発射母体(航空機等)のレーダーによる誘導を受けないと目標に命中できず、発射母体もミサイルを誘導する為、敵に比較的近い場所に居続けないといけないので
反撃を受ける危険性が高かった。撃ちっぱなし能力があれば発射母体はすぐにその場から避難する事が可能。ただしミサイルの値段は高くなる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本の海軍軍人。豊後国(現・大分県)出身。1868年7月16日~1904年3月27日。日露戦争で壮烈な戦死を遂げた「軍神」として知られる。
1894年日清戦争に従軍。1897年からロシア留学し、その後ロシア駐在武官となる。1902年帰国。1904年開戦の日露戦争では旅順港閉塞作戦に従事。
沈みゆく自船から撤退する際、まだ脱出していない部下を救出しようとして逃げ遅れ、ロシアの砲撃を受けて戦死。広瀬神社が創建され文部省唱歌の題材にもなった。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
ソ連(現・ロシア)で1986年に運用開始した戦闘機。現在でもロシア、ウクライナ、ベラルーシ、カザフスタン等の旧ソ連諸国や、インド、モンゴル、ベトナム、
エチオピア等の第三世界で運用されている。中国では殲-11(J-11)という名称でライセンス生産されている。
アメリカで開発され、日本、イスラエル、サウジアラビア等でも主力戦闘機として運用される「F-15」に匹敵する極めて高い格闘性能と航続距離を有する。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
ソ連(現・ロシア)の空母。ボスポラス海峡などでの空母の通行を禁止するモントルー条約を回避する為、ロシア側は「重航空巡洋艦」と主張している。
同型艦は全2隻で、2番艦「ヴァリャーグ」は中国海軍の手に渡り、改修されて「遼寧」として運用されている。ロシアで運用されている「クズネツォフ」は
計50機以上の航空機を搭載・運用できる他、空母としては珍しく艦本体が艦対艦ミサイルなどで重武装している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
アメリカ海軍の原子力空母の艦級。中小規模空軍の総兵力を凌駕する航空戦力を持つニミッツ級空母を更に発展させたもの。満載排水量約10万t。
ニミッツ級と比較すると、2倍の航空機用兵器搭載能力、3倍の発電能力を持つ新型原子炉、船体のステルス化、航空機出撃回数の増加(1日120回→160回)、
飛行甲板の拡大、制御しやすい電磁式カタパルト、自動化による操艦要員の削減、将来拡張のための空間的余裕などの改良点が挙げられる。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
日本国海上自衛隊のヘリ搭載護衛艦(DDH)の艦級。同型艦は「いずも」と「かが」の全2隻。全長248m、満載排水量約27,000t。
事実上の「ヘリ空母」で、多数の対潜哨戒ヘリを運用して敵潜水艦を探知・撃退するのが主な役目。ひゅうが型よりもヘリ運用・補助的能力に特化。
優れた指揮通信能力で陸海空自衛隊の連携を助ける他、輸送艦、補給艦、病院船的な機能も併せ持つ。「いずも」はアイス自販機を搭載した海自初の護衛艦である。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
大日本帝国海軍の巡洋戦艦。技術導入の為、1番艦の建造を英国に依頼し、その設計を基に2~4番艦を日本国内で建造した。
後の大改装によって、性能を大幅に向上させて高速戦艦となり、太平洋戦争(大東亜戦争)では空母の護衛などで大活躍した。
ちなみに、この名を受け継いだ「こんごう」型護衛艦は日本初のイージスシステム搭載艦であり、金剛型戦艦同様、日本にとって革命的な存在であった。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
大日本帝国海軍の軍港(主要な拠点)に置かれた機関で、所轄海軍区の警備や所属部隊の監督・管理などを行っていた。
横須賀(神奈川県)、呉(広島県)、佐世保(長崎県)、舞鶴(京都府)に置かれた。大湊(青森県)には軍港より格下の要港が置かれた(後に格上げ)。
この5港は帝国海軍の後身・海上自衛隊でも根拠地として使用されており、海軍区・鎮守府に代わって地方隊・地方総監部が置かれている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
日本国海上自衛隊の護衛艦の艦級。2015年から建造中。2018年3月から就役予定。同型艦は全2隻建造予定の模様。
将来発展性を確保しつつ、安く建造できる事を重視して設計された。対空戦重視の「あきづき型」とは対照的に潜水艦探知能力を向上させている。
ガスタービンエンジンに電気推進システムを組み合わせ、燃費向上を実現した。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
海上自衛隊で建造が計画されていたヘリ空母(CVH)。全長166.5m、満載排水量14,000t、速力29ノット、対潜哨戒ヘリ18機搭載の予定であった。
1960年7月の防衛庁(現・防衛省)庁議で建造決定までこぎつけていたが、60年安保闘争による政局の混乱で建造は実現しなかった。
海自は長らくヘリ搭載駆逐艦で対潜水艦戦闘に備えていたが、2009年以降「ひゅうが型」と「いずも型」が登場し、対潜ヘリ空母配備が実現した。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
明治時代末期に大日本帝国海軍の金田秀太郎中佐(当時)が提唱した超巨大戦艦。軍艦を多数建造するのは資金・資源面で大変なので、単艦で一国の海軍力に匹敵する
巨大戦艦を1隻だけ作れば良いのでは…との考えが生まれた。構想された規格は全長600m以上、全幅90m以上、排水量50万t以上、主砲200門以上である。
しかし当時の技術では実現不可で構想のみに終わった。実在した史上最大の戦艦・大和型は全長263m、全幅38m、満載排水量72,800t、主砲9門である。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
石川県小松市にある飛行場。航空自衛隊小松基地と民間航空が滑走路を共用する軍民共用飛行場。「小松空港」という通称もある。
防衛省が施設を管理し、航空自衛隊が航空交通管制を担当。日本海側で唯一、戦闘機部隊が所在する重要な防衛拠点。
1943年に帝国海軍の舞鶴鎮守府の飛行場として建設開始。1958年に空自小松分遣隊を配置、1961年に空自小松基地として開設された。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
一般的な軍隊は、「やってはいけない事」を定め、それ以外の行動は可能とする「ネガティブリスト方式」の制度で統制されている。
一方で日本の自衛隊は、あらかじめ定められた「やって良い事」以外の行動ができない「ポジティブリスト方式」の制度で統制されている。
ポジティブリスト方式は想定外の事態への対応が難しいという問題点がある為、自衛隊法をネガティブリスト方式に転換すべきとの議論もみられる。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
イギリス王立海軍の戦略ミサイル原子力潜水艦(戦略原潜)。同型艦は全4隻で常時いずれか1隻が任務に就いている。英国唯一の核戦力である。
1993年から運用されている。全長149.9m、水中排水量15,980tで世界的にも大型の潜水艦である。
潜航中の潜水艦は見つかりづらく、陸上基地よりも攻撃を受けにくいため、戦略原潜は敵の核攻撃を回避して反撃する役目を持ち、抑止力となっている。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
陸軍、海軍、空軍、海兵隊、沿岸警備隊から成る。陸軍・空軍については、普段から連邦政府指揮下の連邦軍と普段は州知事の指揮下の州兵がある。
兵員・兵器の数と質が共に高水準で、核戦力の規模も大きく、2位以下を大きく引き離す世界最強の戦力を有する。国防費は日本の10倍超の約5960億ドル。
アメリカは日本と同盟関係にあり、日本が攻撃を受けた際には米軍が反撃を担当するなど、米軍は我が国の防衛において非常に重要な存在である。
スコア:66%
(Posted by Nameless)
スポンサードリンク
軍事に一致するリクエスト用語
トップユーザー
327204pt
23676pt
16190pt
15039pt
14597pt
10983pt
10443pt
10141pt
10118pt
Ba
9396pt
m
8531pt