ディープインパクトさんの投稿1ページ
ディープインパクトさんの投稿を新着順に表示しています。
ディープインパクトさんの投稿スコアは13353pointです。
スポンサードリンク
ディープブリランテとは、2009年5月8日生まれの日本の競走馬である。
現役時代は栗東の矢作芳人厩舎に所属し、2012年東京優駿(日本ダービー)や同年の共同通信杯などに勝利した。
東京優駿では先行し、追い込んできたフェノーメノを抑えて勝利した。そしてイギリスに遠征するも8着に敗れた。その後屈腱炎を発症し引退した。
スコア:50%
(Posted by ディープインパクト
スピルバーグ(競走馬)とは、2009年5月12日生まれの日本の現役競走馬である。
美浦の藤沢厩舎に所属し、2014年天皇賞(秋)を勝利した。兄のトーセンラーはマイルCSを勝利したG1馬。
勝利した天皇賞(秋)では大外から豪快に差しきる競馬で勝利した。馬名の由来は公式には「人名より」
スコア:50%
(Posted by ディープインパクト
ラキシスとは、2010年1月30日生まれの日本の現役競走馬である。
栗東の角居厩舎に所属し、2014年エリザベス女王杯を優勝した。前年の2013年エリザベス女王杯2着馬でもある。
2015年の大阪杯ではキズナを破って勝利した。名前はファイブスター物語の登場人物から取られたともいわれている。
スコア:66%
(Posted by ディープインパクト
ヴィルシーナとは、2009年3月5日生まれの日本の競走馬である。
現役時代は栗東の友道厩舎に所属し、ヴィクトリアマイル連覇の偉業を成し遂げた。
2012年牝馬クラシックではジェンティルドンナ相手に全て2着だった。オーナーは大魔神こと佐々木主浩氏。
スコア:66%
(Posted by ディープインパクト
ハープスターとは、2011年4月24日生まれの日本の現役競走馬である。
父はディープインパクト、祖母はベガという良血馬。栗東の松田博資厩舎に所属し、2014年桜花賞を勝利した。
3歳で挑んだ札幌記念ではG15勝馬ゴールドシップ相手に完勝。次走の凱旋門賞でも6着と好走した。
スコア:75%
(Posted by ディープインパクト
ロゴタイプとは、2010年3月10日生まれの日本の現役競走馬である。
美浦の田中厩舎に所属し、2013年の皐月賞や2012年の朝日杯FSを勝利した。
皐月賞はレコードタイムで勝利した。東京優駿では1番人気になるも5着と敗れた。その後はいまいち勝ち切れないレースが続いている。
スコア:50%
(Posted by ディープインパクト
サドラーズウェルズとは、1981年4月11日生まれのアメリカ産馬である。
現役時代はアイルランドのV・オブライエン厩舎に所属し、アイリッシュ2000ギニーやアイリッシュチャンピオンステークスやエクリプスステークスを勝利した。
種牡馬としても大活躍し、名種牡馬ガリレオや凱旋門賞馬モンジューを排出し歴史的名馬の称号を得た。
スコア:50%
(Posted by ディープインパクト
ダイワメジャーとは、2001年4月8日生まれの日本の競走馬である。
現役時代は美浦の上原厩舎に所属し、皐月賞・天皇賞(秋)・マイルCS・安田記念を勝利した。マイルCSは2006年2007年と連覇した。
種牡馬としても無敗のNHKマイルC馬カレンブラックヒルなどをだし活躍している。妹のダイワスカーレットも活躍馬である。
スコア:50%
(Posted by ディープインパクト
キンシャサノキセキとは、2003年9月24日生まれの日本の競走馬である。
現役時代は美浦の堀厩舎に所属し、高松宮記念連覇など活躍した。日本では珍しい豪州産馬である。
馬名の由来はモハメド・アリがヘビー級王座を獲得した時に言われた「キンシャサの奇跡」から取られている。
スコア:66%
(Posted by ディープインパクト
イスラボニータとは、2011年5月21日生まれの日本の現役競走馬である。
美浦の栗田博憲厩舎に所属し、2014年の皐月賞や同年の共同通信杯とセントライト記念などを勝利した。
2014年の天皇賞秋では3歳馬ながら3着に入る好走。ちなみに母イスラコジーンは現役時代にシーザリオが買ったアメリカンオークスに出走していた。
スコア:50%
(Posted by ディープインパクト
トゥザワールドとは、2011年4月12日生まれの日本の現役競走馬である。
母はドバイWC2着トゥザヴィクトリーという良血馬。池江泰寿厩舎に所属し主な勝ち鞍は2014年の弥生賞。
皐月賞と有馬記念で2着と中山競馬場で好成績を収めている。4歳時にはオーストラリアにも遠征した。
スコア:66%
(Posted by ディープインパクト
ジェンティルドンナとは、2009年2月20日生まれの日本の競走馬である。
石坂厩舎に所属し、3歳時には牝馬3冠・ジャパンカップ優勝、4歳時にはジャパンカップ連覇、5歳時にはドバイSC優勝・有馬記念優勝と活躍した。
前述の有馬記念では有終の美を飾り2度の年度代表馬も獲得した名馬である。
スコア:66%
(Posted by ディープインパクト
エピファネイアとは、2010年2月11日生まれの日本の現役競走馬である。
現役時代ははシーザリオと同じ角居厩舎に所属し、3歳時に東京優駿2着や菊花賞1着の優秀な成績を収めた。
4歳になってもジャパンカップを4馬身差で圧勝するなど活躍している。
スコア:66%
(Posted by ディープインパクト
シーザリオとは、2002年3月31日生まれの日本の競走馬である。
現役時代は角居厩舎に所属し、優駿牝馬とアメリカンオークスを勝利し日米オークス制覇の快挙を成し遂げた。
しかし競走中に繋靭帯炎を発症し引退。繁殖牝馬としても優秀で、菊花賞とジャパンカップを勝利したエピファネイアの母親でもある。
スコア:66%
(Posted by ディープインパクト
アダムスピーク(競走馬)とは、2009年2月12日生まれの日本の競走馬。
現役時代は石坂厩舎に所属し、ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(現ホープフルステークス)を勝利した。
その後は屈腱炎に悩まされ、復帰後勝利するも再び故障し引退した。現在はノーザンホースパークで乗馬になる予定。
スコア:75%
(Posted by ディープインパクト
スポンサードリンク
トップユーザー
324277pt
23510pt
16190pt
15039pt
14597pt
10983pt
10321pt
10141pt
10118pt
Ba
9396pt
m
8440pt
8251pt