栃木県干瓢商業協同組合

93views
栃木県下野市に所在し、かんぴょうの共同販売などの事業を行う協同組合。全国生産量の98%を占める栃木県産かんぴょうをPRしている。
同協会の公式サイトには、かんぴょうを使った料理のレシピが多数掲載されている。栃木県の食や農業に関するイベントなどにも協力している。
とちぎテレビのかんぴょうにちなんだご当地キャラクターである「瓜田瑠梨」(まろに☆え~る)と連携している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
スポンサードリンク
栃木県干瓢商業協同組合に関連する言葉
栃木県の「那須野が原」に飲料・農業用水を供給する疎水(そすい、水路)である。本幹部はわずか5か月の工事で1885年に完成した。日本三大疎水の一つ。
那須野が原の地質は砂礫層となっており、水が地下深くに浸透してしまって、大雨の時以外は地表を流れず、住民は水不足に苦しんでいた。
矢板武(現・矢板市出身)、印南丈作(現・日光市出身)などの地元有志が携わった。現在の那須野が原は、県内有数の酪農・農業地域である。
スコア:75%
栃木県南部に位置する市。人口は2017年時点で約6万人。市の名前は栃木県の旧律令国名「下野(しもつけ)」に由来する。
農業では、かんぴょうの生産量日本一を誇る。他にはウコン、ほうれん草、玉ねぎ等を生産。工業面では、ソニー、アサヒビール、丸大ハム等の工場が集積する。
「道の駅しもつけ」は全国5位の売り上げを記録した事がある。市のPRの為に2018年1月にご当地アニメ「サクラノチカイ」を放送・BD販売する。
スコア:50%
栃木県大田原市に本社を置く株式会社三桝屋が運営するスーパーマーケット。大田原店と西那須野店の2店舗を展開。
「地域の食生活支援業」を自任している。講座や試食会、パーティー、季節の催し物(イベント)などを開く事がある。
1927年に酒店として開業、1946年に食料品店に転換、1961年に有限会社化・セルフサービス導入、1993年に株式会社化。
スコア:50%
関東地方を中心に北海道、東北、中部、近畿、九州に展開するステーキレストラン。「宮のたれ」が特に人気で、スーパー等で一般家庭向けの販売もされている。
元々は栃木県宇都宮市に本社を置く有限会社宮(後に株式会社ステーキ宮、株式会社宮へ社名変更)が運営していた。2006年にコロワイド社の傘下に入り、
2007年にコロワイド傘下のアムゼ社を吸収合併して(株)ジクトに変更、2009年にコロワイド傘下のアトム社に吸収合併された。
スコア:66%
平成30年1月5日、栃木県鹿沼市に開業した飲食店。東日本大震災の被災地である岩手県など三陸地域の復興支援を目的とし、同地域の海産物を提供する。
この活動は栃木県のリサイクル業者・(有)飛行船によるもので、同社はこれまでも被災地への物資輸送や、三陸の特産物の栃木県での販売などの支援を続けてきた。
「復興食堂」の名は岩手県大槌町で平成23~25年に運営されていた店舗から継承したもので、飛行船社は大槌町での食堂再開を支援する。
スコア:50%
栃木県下野市が知名度向上などを目的に制作しているアニメ作品。平成30年1月10日(かんぴょうの日)に「とちぎテレビ」で放送予定の他、下野市観光協会にて
BDが限定販売されるという。物語は、大宝律令制定などで活躍した歴史上の人物・下野古麻呂が現代の下野市に現れ、とちテレのご当地アイドルキャラクター
「まろに☆えーる」と共に人探しをする内容だという。まろに☆えーるの一員である「瓜田瑠璃」は下野市の観光大使に任命されている。
スコア:66%
天保12年(1841年)11月3 日生まれ。百姓。政治家。足尾銅山鉱毒事件を告発。
衆議院議員当選6回。幼名兼三郎。 議員時代の渾名は田正(たなしょう)、あるいは栃鎮(とちちん、栃木鎮
下野国安蘇郡小中村出身。1913年9月4日(満71歳没)
スコア:75%
栃木県小山市で1960年4月から2005年3月まで営業していた遊園地。桜金造が出演する印象的なCMにより、それなりに有名であった。
ゆうえんちの跡地には大型商業施設(ショッピングモール)の「おやまゆうえんハーヴェストウォーク」が2007年3月より開業している。
スーパーの「ヨークベニマル」を中核に、ケーズデンキ、サンドラッグ、スーパービバホームなど大小合わせて69店舗を展開し、映画館なども備えている。
スコア:66%
栃木県のJR宇都宮駅西口にある石像。1994年に、宇都宮市とテレビ東京の番組「おまかせ!山田商会」がタイアップした町おこし企画により製作された。
元々は駅東口側にあったが、東口の再開発に伴う2008年の移転の際、クレーンで釣り上げる作業中の事故で真っ二つに割れてしまった。その後修復し西口へ移動。
しかし場所が分かりにくいという事で2014年に西口ペデストリアンデッキに再移転。この時は一度、像を逆向きに設置してしまったが無事に移転完了したという。
スコア:66%
栃木県の中部に位置する市。2017年時点で人口は10万人弱。サツキや鹿沼土の産地として知られる他、麻(野州麻)の生産量日本一を誇る。
県都・宇都宮市の西隣であり宇都宮への通勤率は約15パーセント。かつては宿場や木工の町として栄え、1960年代からは工業団地が作られプラスチックや
電気機器関連の製品などが製造されている。東京都足立区などと友好都市関係にある。2016年にイメージアップを図り「いちご市」宣言をした。
スコア:50%
投稿リスト
栃木県干瓢商業協同組合についての投稿を表示しています。
スコアが一番高い投稿がページトップに表示されます。
栃木県干瓢商業協同組合
栃木県下野市に所在し、かんぴょうの共同販売などの事業を行う協同組合。全国生産量の98%を占める栃木県産かんぴょうをPRしている。
同協会の公式サイトには、かんぴょうを使った料理のレシピが多数掲載されている。栃木県の食や農業に関するイベントなどにも協力している。
とちぎテレビのかんぴょうにちなんだご当地キャラクターである「瓜田瑠梨」(まろに☆え~る)と連携している。
スコア:50%
1日
(Posted by Nameless)
栃木県干瓢商業協同組合
栃木県下野市に所在し、かんぴょうの共同販売などの事業を行う協同組合。全国生産量の98%を占める栃木県産かんぴょうをPRしている。
同協会の公式サイトには、かんぴょうを使った料理のレシピが多数掲載されている。
栃木県の食や農業に関するイベントなどにも協力している。
スコア:50%
(Posted by Nameless)
引用・コピペの自由について
「3行ペディア」に投稿された用語とその定義は引用・コピペ自由です。
・「ブログでちょっとした説明に使いたい。」、「ツイッターでなんとなく呟きたい。」、「掲示板の流れ的にコピペしたい。」など
・ 引用元を記載・リンクすれば、誰でも自由に引用・転載・使用することができます。
投稿された内容は「クリエイティブ・コモンズ」の「表示」に準拠します。
栃木県干瓢商業協同組合について投稿してみる
スポンサードリンク
栃木県干瓢商業協同組合に関連する動画
スポンサードリンク
とは、3行で



ハンドルネーム
その投稿だいじょうぶ?
誰かを嫌な気持ちにさせるかもしれない投稿は禁止です
あなたの投稿はだいじょうぶですよね?
注目の用語
見ていてうんざり、あの程度で俺らを騙せるとでも思ったか
それに乗っかったテレビ局もあんなの呼んだ責任を取れ! 大槻教授ももうろくしたな
年末の貴重な時間を無駄にした。
スコア:62%
(Posted by
ダンスパフォーマー。
ロマンチスト♡
イケメンで思いやりのある人!
スコア:75%
(Posted by てっちゃんlove!!!
2001年5月19日生まれ。沖縄風の顔立ちだが、東京都出身。
愛称は「あっか」。趣味は、乗馬と水泳。
ココジャパン所属。NHK・Eテレ「Rの法則」7期生。
スコア:75%
(Posted by yupi
千葉県の中学校に通う駅伝選手
小柄ながらもパワフルな走りで、某ニュース番組では金の卵と紹介された
まるで天使
スコア:87%
(Posted by あやりちゃん
小売店の一種。デパートとも言う。経済産業省の定義では「衣・食・住の商品群の販売額がいずれも10%以上70%未満の範囲内にあると同時に、従業者が常時50
人以上おり、かつ売り場面積の50%以上において対面販売を行う業態」。品揃えが同等でも対面販売の割合が低い店舗は総合量販店(総合スーパー)に分類される。
1852年にフランス・パリに開業した百貨店が世界初とされる。日本では1904年の三越呉服店(現・株式会社三越伊勢丹)が最初であるとされる。
スコア:66%
(Posted by
駆け出美食屋トリコと料理人小松が、苦難や困難を乗り越え、
人間界と言う学校を卒業し、グルメ界と言う社会で
仲間との同窓会、成人までの無茶ぶりを楽しめる様に学ぶ物語
スコア:50%
(Posted by かぴばら
神戸で子供(少年A)が子供を殺した殺人事件があった。
その事件の犯人さんがその時の心情などを元少年Aという形で綴った本。
被害者の親御さんがその本(早ければ今日すでに本屋に…)を辛い思い出を蒸し返されるようだから回収するよう訴えてる。
スコア:80%
(Posted by Y◟̄◞̄
ドイツ出身のシンガー
主に著名アーティストの曲をcoverしてYouTubeで公開している。
日本語に精通しており、また、日本のTV番組「のど自慢ザワールド」に出演した際、
スコア:83%
(Posted by
身の丈に合わない薬剤を
学術レベルの低いMRが
無理やり売っている会社だと思います。
スコア:33%
(Posted by 現役薬剤師
昭和22年5月3日に旧牛津町立牛津小学校及び砥川村立砥川中学校が設立され、昭和36年5月1日に両校は合併した。
合併後は旧牛津町立牛津中学校となり、平成17年3月1日に市町村合併により小城市立牛津中学校と改称した。
主な卒業生として中近東フリージャーナリストの土井敏邦が挙げられ、土井は母校で講演を行い集団で群れて個人をいじめることを激しく批判した。
スコア:50%
(Posted by
トップユーザー
327204pt
23676pt
16190pt
15039pt
14597pt
10983pt
10443pt
10141pt
10118pt
Ba
9396pt
m
8531pt